2014 年間ランキング 第3位


静岡: アウトスペック

荒井裕一サン
フィアット500

※画像をクリックすると大きく表示されます

懐かしくも斬新! 王道ベビーギャング
フルエアロを軸に作り上げた独創的チンクの在り方。

荒井裕一サンご一家
荒井裕一サンご一家

年間ノミネート36台の中に3台も食い込んできたチンク。で、その勢いをそのままに年間3位にランクインしたのが荒井サンの愛車だ。
この作品の白眉は、王道アプローチのなかに遊び心を自在に織り交ぜて完成度を高めていることだろう。基本的な手法は、正統派エアロメイクで、キャビンのコーディネイト、オリジナリティを打ち出す仕掛けなど、スタイルアップの教科書としても参考になるポイントが多い。その意味ではとてもインプ的な仕上がりだ。それもそのはず、荒井サン、かつてはCR-Xやオデッセイなどホンダ車を乗り継いで、そこから輸入車にシフトした車歴を持つ。スタイルアップのコンセプトは『現行アバルトとはひと味違うチンクのスポーツモードを表現したい』というモノ。年齢的にもギリギリ知っている(ルパンIII世とかもあり)ご先祖チンクや当時のアバルトの粋をイマに表現したいというアプローチだ(実際、荒井チンクにはサソリは一匹もいない)。
さらに荒井サンがこのエアロボディをブラッシュアップしている点は、色使いの巧さ。ボリュームを伝えてくるイエローはそのままだと膨張色でメリハリがない。そこでブラックを効果的に使って立体感、奥行きを表現している。月間No.1の時にはTE37というレアなコンビだったホイールはROTAにチェンジ。コレ、いかにも70年代のハヤシレーシングなノリでレトロモダンなチンクにハマっている。イエローのボディボリュームと、短足な感じがクルマのキャラをよく現している。

(A)(C)ザッティスポルトCINQUINO (D)spezie (E)(H)ロブソンレザー張り替え (G)iPad mini+パイオニア+フォーカル+ロックフォード (J)レイズTE37Cup(8×16+38) (K)ヨコハマSドライブ(195/45) (L)プロジェクトμ (M)(N)アラゴスタ車高調 (O)志村工業ワンオフ (Q)spezieボンネット加工/オーバーフェンダー/アルミフューエルキャップ/カーボンフューエルリッドカバー JUNYANリング付プロジェクターヘッドライト ビタローニセブリングミラー (R)ロブソンレザーメーターバイザー/サイドブレーキノブ/シフトカバー張り替え

※記号説明

(A) フロントスポイラー(リップスポイラーも含む) (B) サイドステップ (C) リアアンダースポイラー(ディフューザー含む) (D) リアスポイラー(ウイング) (E) ステアリング (F) シフトノブ (G) ナビ+オーディオ (H) シート (I) フロアマット (J) ホイール (K) タイヤ (L) ブレーキ(キャリパー/ローター/パッド) (M) ショックアブソーバー (N) スプリング (O) マフラー (P) コンピューター (Q) その他エクステリア (R) その他インテリア (S) その他の機能系パーツ

スタイルアップコンテスト トップに戻る