最新型クラウンアスリートをいち早く大胆メイク (1/3ページ)


トヨタ210型クラウンアスリートをドレスアップ

現行モデルをドレスアップするのは難しい。前例がないし、社外パーツも少ない。だからこそ、誰よりも先にドレスアップができればイベントなどで目立てることは間違いない。それを味わえるのが、現行型モデルをドレスアップする魅力だろう。
現行モデルであるこのトヨタ210型クラウン アスリートは、躊躇なくフェンダーを切り刻み、純正でも質感が高い内装を総張り替えが行われている。

11-2

現行モデルをドレスアップする。それはなかなか簡単にできることではない。
その理由は、まずはクルマを買うことから始めなければならないのだが、新車で買うにしても車輌価格は高い。中古車市場における現行車の流通量は少なく、価格が高いのが一般的だ。

さらにアフターパーツも、他のクルマと比べたら少ない。それゆえ難易度は高いかもしれないが、もしドレスアップのお手本になるクルマを作ることができたらどうか。もしかしたら現在、そして未来の同車種のオーナーに、「こんなにカッコ良くなるんだ!」と希望を与えることができるはず。
そんな思いを胸に秘め、細部までイジり倒したトヨタ30型セルシオ後期を手放して、現行型の210型クラウンアスリートに乗り換えたのが杉本さんだ。

静岡県 杉本 友哉(34)   210CROWN
静岡県
杉本 友哉(34)  
210CROWN

「まだそんなに多くないですが、210系(クラウンアスリート)に乗ってイベントに出る若い人もいる。だからその先駆者になりたいというか、誰よりも先にイジりたかった。若い人たちに現行車をイジるステータス性を伝え、それで台数がもっと増えたら、セダン界がさらに盛り上がると思ったんです」。

既存のクラウンのイメージを打ち破った独創的なグリル形状に惚れ、迷うことなく210アスリートを選択。しかも中古ではなく、直接ディーラーに出向いて新車買い。オプションはサンルーフのみ、フロアマットなど必要ない装備はすべて省いた。

「最初からコテコテにイジることを想定していたので、今後ディーラーに出入りできないことは覚悟の上。後で交換したり、故障したら修理に困る装備は付けませんでした」と杉本さんは語る。