あの頃に心奪われた仕様、それが王道 (1/3ページ)


最先端を取り入れることは、目立つための近道。その一方で、流行に左右されず自分好みの仕様を追求する人も多い。小林クンも、その1人である。日産Y33型グロリアを購入したばかりの頃に人気だった仕様を目指し、独自の解釈で上品かつ重厚感溢れるフォルムを作り上げた。彼が描く「王道」は、見れば見るほど味わい深い。

6-2

諸説あるにせよ、「VIP」の名を冠したドレスアップ雑誌が創刊した年を起点とすれば、VIPというジャンルがこの世に誕生して20年が経とうとしている。その長い歴史の中で、様々なイジり方が生まれた。シンプルやハデ、ユーロにスポーツなど、目まぐるしく変わるスタイル。高級セダンをベースにしたドレスアップは、この20年で様々なアプローチがあることを実証できたと言えよう。
では、「王道」と呼ばれるスタイルとは一体何か。人によって価値観が異なると思うので明言は避けるが、Y33型グロリアに乗る小林クンの考えを聞くと、ひとつの答えが見えてくる。
「僕が約7年前に33グロ(Y33型グロリア)を購入し、VIPスタイルを読み始めた時に誌面で見た数多くのユーザーカー。その時に流行っていた仕様が僕にとって『王道』のスタイルであり、今でもカッコいいと思っています」。
恐らく誰もが、VIPに興味を持ち始めた頃の仕様に強く影響を受けているはず。だから「王道」は、世代によって異なるのではないだろうか。ただ小林クンにとっての王道は、スポーティ仕様が流行る前に一世を風靡した、シンプルさも残ったワイド&ロースタイル。その前にブレイクした純正然のシンプル仕様では物足りなくなったユーザーたちが広め、浸透していったスタイルである。
「車高は低く、オバフェンに深リムのホイールをツラで合わせ、でもゴチャゴチャしていない。誰が見てもVIPと思える仕様が理想です」。
流行りは追わず、自分の好きな路線を徹底的に突き詰める意向だ。

6-3