クリムソン「RS」が作り上げたメッシュの魅力


VWパサートやゴルフなどスタイリッシュな
ユーロカーの足もとを彩るクールな刺激!!

旬なホイール作りに定評のあるクリムソンが立ち上げた「RS」がスタイルアップシーンに浸透しつつある。とくに感度の高いショップやユーザーがこぞって選択していることを鑑みると、その兆候を大いに感じられる。ここで紹介するオプティミストのゴルフ7GTIとガクヤのUSパサートが、足もとにRSを選んでいるというのもは、まさに勢いを証明する事実だといっていい。

両デモカーともにチョイスしたカラーはゴールド。無難な線には走らず、むしろストリートの旬がなにかを嗅ぎ分けたからこその採用であることを実感させる。事実、その足元が醸し出す雰囲気によって類い希な存在感を放っているのも注目すべきポイントといえるだろう。

正調ヨーロピアンメイクに身を固めたゴルフの足もとを飾るWPマキシ、エアサスによるスラムドスタンスを気取るUSパサートに飲み込まれたCVワイヤー。普遍的にして骨太なラフメッシュと、古典的にして斬新なワイヤースポークは、その姿カタチすべてが意外なほど硬派だ。

流行のゴールドをさらりと履きこなし術も見事であり、だからこそ、華やかなゴールドが上品に映える、見応えがある。そんなRSというホイールが内包する魅力に気づいていたからこそ、海千山千であるオプティミストもガクヤも躊躇うことなくゴールドというカラーを選んだのだ。

スタイリッシュな最新ユーロカーの足もとにあって一歩も引かない存在感を放つ。そんなRSシリーズは、イマドキな雰囲気を揺るぎない本物感とともに訴求するには、まさしく大正解な選択といえる。

深いリム幅が可能としたスーパーコンケーブ形状と幾何学的なワイヤースポーク、ゴールドカラーが足もとに旬の刺激を添える。エキゾーストはRUIにフルオーダーした迫力サウンド仕様。エアレックスを軸にTディメンド、メーガン製品で低空化が図られたUSパサートの足もとを飾るCVワイヤー。ゴールドクリア/バフアナダイズド仕上げとなり、実装サイズは前後9×20+35、9.5×20+34。ガクヤ・オリジナルのキャリパーカバーが足元を品格溢れるスタイルに仕上げる

古格あるラフメッシュ仕上げで男気を示すWPマキシ。サイズ、カラーとも豊富に揃い、ネオクラ系から現行車まで似合う。19インチはステップリム仕様となり、すこぶる硬派な印象。大径×ディープリムのコンボがワイド&ローなスタイルを決定づける。リーガーチューニングのフルエアロで完全武装されたオプティミストのゴルフGTI。アクラポのリアピースを装着するなど、純血ヨーロピアンスタイルで魅せる

クリムソン TEL.06-6180-1511 www.rs-wheels.net

取材協力:
オプティミスト(ゴルフ)TEL.072-289-9970 www.optimist.co.jp
ガクヤ(パサート)TEL.072-983-2468 www.e-gakuya.com