オートサロン2016「ダイハツ」コペンクーペほか5台を出展 (1/2ページ)


第4「コペン」はハイリフト・クロカン
3種類のキャストが登場する!

2016年1月15日から千葉県の幕張メッセで開催される「東京オートサロン2016」にダイハツは6台のコンセプトモデルを発表。とくに注目なのはコペン・ベースの3モデル。

【コペン アドベンチャー】event_151224001
ドレスフォーメーションでクロスオーバー・ライクなフォルムを採用するコペンXプレイをベースに、車高を高めアグレッシブなスタイルに変身。第4のコペンと呼びたくなるほど際立ったキャラクターが特徴だ。
「道を選ばず、未知の世界を探しもロメ突き進む」をコンセプトにした「タフSUVコペン」。

 

 

コペン セロ クーペ コンセプト

「第3のコペン」としてクラシカルな丸目ヘッドライト&テールランプを採用した”コペン セロ”。
ボディは他のモデル(ローブ/Xプレイ)と同様、オープン2シーターだ。

これを完全なるクーペモデルにしたのが「コペン セロ クーペ コンセプト」だ。エレガント&エモーショナルをデザインテーマに、ルーフからトランク、リヤスポイラーまでが一体となった流麗なデザインを採用している。