トヨタ86/スバルBRZのチューニングプラン3つ


Kansaiサービスが提案する
トヨタ86/スバルBRZの理想像

世界的に大柄なスポーツカーが増え続ける昨今、86/BRZは手頃なボディサイズのFRスポーツカーとして日本のみならず、世界中のクルマ好きから注目されている存在だ。
そんな人気車だけに市場には膨大な量のアフターパーツが揃っているためチューニングやカスタムの方向性は色々と選べる環境でもある。01

しかし、選択肢が多すぎるとオーナーとして迷うところでもあるし、そもそも無計画にクルマに手を加えてしまうとクルマとしてのバランスが崩れ、86、BRZのよさがスポイルされてしまうこともある。

そこでチューニング界の実力派、老舗である奈良の「Kansaiサービス」では、86/BRZチューニングの方向性を見失うことなく、費用を含めて効率よく愛車を仕上げるための3つのメニューを提案する。

「まずは愛車を使うステージをしっかりと決め、その用途で発生する不満を補っていくことからスタートするのが、ロスのないカスタマイズのコツです。工賃の重複を避けるためにも、事前にしっかりとプランを練りたいですね」とチューニング界の重鎮であるKansai サービスの向井氏。

まずは快速ドライブ向けの「ツアラー仕様」。
04エンジンのトルクの底上げによって、スマートに速さを追求している。その究極形がスーパーチャージャーで、ノーマルの実測が180ps前後であるのに対し、吸排気との組み合わせで240~260psが狙え、トルクはKansaiデモカーで26.5kgmをマーク。長距離移動の快適性を高め、質感アップも実現する手段として、シート交換にも注目したい。オリジナルの車高調整式サスペンションのバネレートは、フロント6kg/mm、リア4kg/mmだが、タイヤチョイスによって見直す必要もある。

ふだん街乗りで使うエンジン回転域からたっぷりのトルクが得られるスーパーチャージャー。燃費の変化も少なく魅力的だ
ふだん街乗りで使うエンジン回転域からたっぷりのトルクが得られるスーパーチャージャー。燃費の変化も少なく魅力的だ

つぎにワインディングやサーキット走行を重視した「スポーツ仕様」。
サスキットの銘柄だけでなくタイヤサイズ、バネレート、減衰特性、アライメントなどを互いにリンクさせながら、トータルでセットアップを進めていくのが理想だ。

また86&BRZの場合、LSDはあまり唐突ではなくジワッと効かせるのが、コーナリングスピードアップへの近道。また、同時にファイナル交換もすれば、キビキビとした加速が可能となり、工賃も抑えることができる。

そして「ストリート仕様」。09
街中でスマートに乗りたいユーザーにはエアロの装着を推奨するが、ここでのポイントは「ストリートで使えるエアロ」であることがKansai サービスの基本スタンス。不必要な張り出しや過度のボリュームは路面との干渉などのリスクになると考え、最小限に抑える。
さらに完成度の高い86&BRZのスタイリングを大幅には変えたくないというのがその理由だ。そこでKansai サービスではアンダーリップを中心とした構成で、スマートなスタイルアップを推進する。

13リアリップはトランク内で造形を完結させるのではなく、フェンダー部にまで延長してワイド感を強調。価格は6万6000円。シャープさを強調するサイドとリアのセクションも決して飾りではなく、整流効果を考慮した設計となっている。価格はカーボンサイドステップが8万8000円。カーボンリアサイドスポイラーは4万4000円。カーボンフロントリップにはタウンユースの妨げにならない範囲で適度な張り出しを与え、機能性とメリハリを加える。価格は6万8000円。86との差別化を強調するため、BRZに設定された精悍な印象のカーボンフロントパンパープロテクター。価格は2万8000円。

カンサイサービス TEL0743-84-0126  http://www.kansaisv.co.jp