「ポテンザRE-71R」を装着したらタイムが1.5秒短縮 (1/3ページ)


スポーツタイヤに一石を投じる性能
ブリヂストンが本領を発揮

BRIDGESTONE POTENZA RE-71R
ブリヂストン・ポテンザ アール・イー・ナナイチ・アール

ブリジストンのスポーツタイヤブランド、ポテンザに「RE-71R」が加わった。その実力を筑波サーキットで確かめてみた。
ポテンザの新ブランド「RE-71R」の登場は、スポーツラジアルタイヤ界に大きな衝撃を与えた。明らかにドライ重視のトレッドデザインだが、重要なのは構造とゴムだ。トレッドパターンとタイヤそのものの形状も重要だが、そんなことはタイヤ関係者なら言わずもがな。それらすべてが見事に噛み合ったとき、素晴らしいグリップ力とコントロール性の高いタイヤが完成する。MAIN_1a

8
太い2本の「ワイドストレートグルーブ&センターリブ」でセンター部の排水性を確保。また、周方向に対し角度の異なるラグ溝「セブングルーブ」を交互に配置し定したグリップ力を狙っている

『ブリヂストン』は同社の独自技術である「アルティメットアイ(※最適なタイヤ設計を実施するブリヂストンの独自技術)」を駆使し、サーキット走行におけるタイヤの動きを緻密に計測。その結果路面と接地する面積を最大限確保する新しいトレッドパターンや、新開発のゴムを採用したという。

正直なところ、近年ラジアルタイヤを使用したワンメイクレース等で、ブリヂストンは決して優勢ではなかった。それだけにRE-71Rの出来映えが気になるところだ。
タイヤは比較しなければその進化度合いはわからない。まず、トヨタ86に従来モデルのRE-11Aを装着してピットアウト。その1コーナー立ち上がり、まるでオイルに乗ったかのように派手にスライド。1ヘアピンの立ち上がり加速でも滑る。グリップが得られたのは2周目以降である。ただし、旋回中は終始VSCが介入した。