オートサロン2016「三菱」アウトランダーPHEV/デリカD:5の5台を出展


アウトドアギヤとアクティブキャンパーの
2種類のカスタムカーで三菱らしさをアピール

1月15〜17日に千葉県・幕張メッセで開催される「東京オートサロン2016」で三菱自動車は、「アウトランダーPHEV」、「デリカD:5」それぞれの個性をいっそう引き立てて新たな魅力と、カスタマイズによって広がるカーライフの楽しさを提案するという。
展示車は、プラグインハイブリッドSUV「アウトランダーPHEV」3台、SUVテイストのミニバン「デリカD:5」2台を予定している。

その内訳は、アクティブなカーライフを提案する2タイプのカスタムカーをアウトランダーPHEVとデリカD:5それぞれに設定する。

ひとつは「OUTDOOR GEAR Concept」。SUVらしさをいっそう強調し、アウトドア用品のギア感(道具感)を表現したアウトドアレジャーシーンに映えるカスタマイズを施す。

ボディカラーはマットパールホワイト。ドアミラーと前後バンパー、サイドガーニッシュ、フォグランプベゼル、アルミホイールリムにアクティブなイメージのオレンジを挿し色として配色。
「アウトランダーPHEV」は、20インチの15フィンスポークタイプのアルミホイールを装着。テールゲートスポイラーも装備する。
「デリカD:5」は、カーボン調フロントバンパーカバー(LEDデイライト付)、純正用品のアンダーガードバー(フロント、サイド、リヤ)、16インチのオールラウンドタイヤとアルミホイールを装着。ヘビィデューティでワイルドなイメージする。

もう1タイプは、SUVの遊び心とオートキャンプにおける快適性と利便性を高めるカスタマイズを施した「ACTIVE CAMPER Concept」

ボディカラーはマットシルバー。アクセントにモノトーンのカモフラージュ柄を配する。
「アウトランダーPHEV」は、純正のスタイリングパッケージ(フロントコーナーエアダム、サイドエアダム、リヤコーナーエアダム)、テールゲートスポイラーのほか、20インチのクロスメッシュ・アルミホイ-ル、車高調整式サスを採用。さらにルーフボックスなどを装着しています。
「デリカD:5」は、スポーティグリル、リヤディフレクター、20インチの15フィンスポーク・アルミホイールを採用。アンダーガードバー(フロント、リヤ)、ヘビィデューティキャリアとリヤラダーを装着する。

このほか 「アウトランダーPHEVの」バハ・ポルタレグレ 500 参戦車(レプリカ)も展示する。ちなみに、バハ・ボルタレグレ500とは、2015年10月22 ~24日にポルトガル東部の古都ポルタレグレを基点として開催されたクロスカ ントリーラリーだ。

アウトランダーPHEVラリーモデル(レプリカ)
アウトランダーPHEVラリーモデル(レプリカ)

専用の前後フェンダーを採用し、前後トレッドを拡大。最低地上高をアップさせ、サスペンションストロークを延長し、ラリー専用の大径タイヤを装着する。
PHEVシステムの主要部品は量産品を採用するが、前後モーターの高出力化、エンジンの高回転化、ジェネレーターの発電量アップによって高性能化。駆動用バッテリーの容量をアップし、ツインモーター4WD(S-AWC)の制御も変更。トラクション性能を強化し、悪路走破性を向上させている。

三菱自動車公式ホームページ

<関連記事>

2016年注目のカスタムカー系2大イベント

オートサロン2016「スズキ」がイグニス・ドレスアップ仕様を出展