レクサスの新型フラッグシップクーペ「LC500」登場


LEXUS”F”シリーズの5リットルV8エンジンを搭載

1月11日より米国デトロイトで開催されている2016年北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)で、レクサスが「LC500」を世界初披露した。
LC500は、レクサス(LEXUS)の新型ラグジュアリー・フラッグシップクーペというポジションを担うクルマとなる。LC500

LC500は、2012年デトロイトモーターショーに出展したデザインスタディモデル「LF-LC」がベースとなり、ほぼそのフォルムを継承して市販モデルとして登場。LC500
LC500は、新開発のFRプラットフォームを採用し、走りのポテンシャルを高め、美しいデザインを実現。
フロントミッドシップ・レイアウトによる最適な前後重量配分と低重心化などにより、高いボディ剛性と相まって、クルマとしての基本骨格を高い次元で成立している。

さらに新開発マルチリンク式サスペンション、カーボン素材などを活用した軽量化で「より鋭く、より優雅に」をキーワードに、すっきりとした奥深い走りの実現しているという。

また、レクサス(LEXUS) “F”モデルから継承したV型8気筒5リットルエンジンに、レクサス初採用の新開発の10速オートマチックトランスミッションを搭載。伸び感ある加速と最適な変速タイミング、エンジンサウンドと調和し、気持ち良い走りを実現した。LC500

ちなみに、LC500の日本での発売は2017年春頃を予定しているという。

LC500 主要諸元(北米仕様)
全長(mm) 4760
全幅(mm) 1920
全高(mm) 1345
ホイールベース(mm) 2870
トレッド前/後(mm) 1630 / 1638
タイヤ&ホイール
前 245/40RF21 後 275/35RF21
前 245/45RF20 後 275/40RF20

 

<関連記事>

レクサスIS Fど迫力オーバーフェンダーで武装

200系クラウンのイメージを大変貌させる最新ユーロスタイル