オートサロン2016 富士のレコードホルダー「VARIS」が2年ぶりにエアロを刷新


フロントまわりを中心に、前後フェンダー、リアウイング等をアップデート

VARIS - 5

富士スピードウェイ(FSW)のラジアルタイヤのコースレコード、1分41秒743を誇るHKSテクニカルファクトリー&VARIS(ヴァリス)の日産R35GT-R=神風R。さらなるタイムアップを狙って、過去2年間のノウハウをベースにした改良版のエアロキットを、東京オートサロン2016のヴァリスブース(西1ホール)でデビューさせた。

トップスピードをも狙っていける最新スペック!

VARIS - 10

主な改良点は、フロントセクションのダウンフォース向上とリアセクションのドラッグの低減。フロントのディフューザーやリアバンパー本体は従来のままだが、フロントバンパーの開口部をリニューアルし、エアクリーナーによりスムーズにフレッシュエアが届くような形状に変更している。

VARIS - 15

ボンネットは、アウトレットを追加し、ダウンフォースを稼ぎ、フロントフェンダーは、ボンネット内の熱気を抜きつつ、ダウンフォースを増すようにルーバーを増やしている。

VARIS - 20

リアウイングも、スワンネックタイプのステーで、マウント位置を低くして、最高速が伸びるロードラッグ仕様にトライ。

これまでストレートスピードよりも、コーナリング、とくに高速コーナーでの速さが際立っていた「神風R」のコーナリングでの優位性をキープしつつ、トップスピードをも狙っていける最新スペックになっている。 VARIS - 6

今シーズンはエンジン関係も大幅な見直しをかける予定で、提携しているHKSテクニカルファクトリーの手によって、タービン交換のプログラムが組まれている。現行でも1063psの神風Rが、1200psにチューンアップされる見通し。

春を迎える前に予定されている今年の富士スピードウェイにおけるタイムアタックで、どこまで記録更新となるか、要チェックの一台だ。

【関連記事】

【画像33枚】オートサロン2016 塗装と彫刻で作り上げた絶品ボディ!

オートサロン2016「ブロンド・美人・ダイナマイト」のラグジュアリーギャルがすごい!

【激カワ!】オートサロン2016イメージガール「A-class」画像ギャラリー

【セクシー!】オートサロン2016 キャンギャルベストセレクション

東京オートサロン2016で見つけた「セクシー」なキャンギャル画像まとめ