オートサロン2016 限界域で鍛え上げた本物志向のRC-F


エアロも足まわりも最優先させたのは機能性

「ノヴェル」(NOVEL)は、レクサスRC-Fのエレガントさを損なわず、走りのよさをブラッシュアップさせる数々のアイテムを提案。開発のステージは極めて過酷な環境であるサーキットだという。

フロントからサイド、リヤへとスムーズに空気を流すため計算され尽くしたデザインだ。
フロントからサイド、リヤへとスムーズに空気を流すため計算され尽くしたデザインだ。

レクサスのFシリーズに特化したチューニングメーカー「ノヴェル」。2016年の東京オートサロンで注目を集めていたのは、カーボン製のエアロパーツをまとったRC-Fだ。

レーシングカーを思わせるディフューザーも、ボディライン全体で見ると違和感は皆無。
レーシングカーを思わせるディフューザーも、ボディライン全体で見ると違和感は皆無。

「見た目だけの製品にはしたくない」とのこだわりを持ち、プロのレーシングドライバーと二人三脚で開発を進めたという。

最優先させたのは当然ながら空力性能で、高速域での安定感はステアリングを握れば誰もが体感できるほど。

エアロパーツの目的である空力を高めると同時に、他に類のないノヴェルらしさも表現。
エアロパーツの目的である空力を高めると同時に、他に類のないノヴェルらしさも表現。

レクサスRC-Fのデモカーが装着するのは、フロントリップ/サイド/リヤアンダー/ディフューザーで、カーボン製のほかFRP製もラインナップする。

サスペンションも同様にコーナリング性能を極限まで追求し、そのうえで街乗りに求められる快適性をバランスさせた。

etc3

排気系はエキゾーストマニホールドからセンターパイプ、リヤマフラーまで最適な効率を得られるようコーディネイト。上品なサウンドや外観のクオリティを含め、スポーツモデルとして位置づけられたRC-Fの正常進化形というべきだろう。

etc2

 

【関連記事】

オートサロン2016 撮れたて「キュート」なコンパニオン画像まとめ
東京オートサロン2016で見つけた「セクシー」なキャンギャル画像まとめ
オートサロン2016「ブロンド・美人・ダイナマイト」のラグジュアリーギャルがすごい!
【激カワ!】オートサロン2016イメージガール「A-class」画像ギャラリー
【セクシー!】オートサロン2016 キャンギャルベストセレクション