オートサロン2016「インパル」が日産デイズをさらに精悍に!


ハイウェイスターをベースに
部分的なカスタムを施す

大がかりなカスタムではなく部分的なパーツ交換だけで、日産デイズ・ルークスのイメージを一新させた「インパル」。しかもベースモデルは、「日産」自らがカスタマイズし、高い人気を誇る「ハイウェイスター」シリーズだった。

フロントグリル/センターベゼル/フォグベゼルなどはすべてハイウェイスター専用だ
フロントグリル/センターベゼル/フォグベゼルなどはすべてハイウェイスター専用だ
光るフロントグリルやエンブレム

東京オートサロン2016のインパルブースに展示されていたデイズ・ルークスは、もともとノーマル仕様とはひと味もふた味も違うハイウェイスターを、さらに精悍なイメージに変身させている。ノーマルのキャラクターを残しつつ、インパルらしさを前面に出す手法は見事という他ない。

エンブレムはイルミネーション内蔵のオリジナルだ。エアロの塗り分けも参考にしたい
エンブレムはイルミネーション内蔵のオリジナルだ。エアロの塗り分けも参考にしたい

強い印象を与えるのはデイライトが組み込まれたフロントグリル。さらにフォグランプやリフレクターにインパル・オリジナルのベゼルを装着し、スポーティさを強調すると同時にボディラインを引き締める。

ダブル5スポークの16インチホイールを装着
展示車両に装着されているサイズは5J×16+45、カラーはマットブラック/ポリッシュ
展示車両に装着されているサイズは5J×16+45、カラーはマットブラック/ポリッシュ

ホイールはインパルのレース活動から生まれた、軽量かつ高剛性を誇るチームインパル・レーシングラインNR-01だ。細身のツインスポークの根元はトライアングル形状となっており、軽さと強度のいずれにも貢献する設計とのこと。カラーバリエーションは全部で4種類あるという。