オートサロン2016シンプルエアロを纏う「D.A.D」タント


純正でも派手なダイハツ・タントカスタムに
D.A.D流のエッセンスを投入したエアロ

総勢7台ものデモカーを展示したD.A.D。そのなかで初披露だったのは、3代目となるLA600型タントカスタムだ。シンプルな造形ながら純正との違いを明確にアピールする。

フロントにはクリスタルエンブレムが付属。別売のエアダクトクロームカバーにも注目
フロントにはクリスタルエンブレムが付属。別売のエアダクトクロームカバーにも注目

現行モデルであるダイハツLA600型タントは、ひと昔前であればアフターパーツメーカーの仕事であるような凝ったエクステリアを採用する。
そこに「D.A.D」ならではのエッセンスをプラスし、流行のツボを押さえたスタイルへと変貌させた。

各エアロパーツはほどよくワイド&ローに見せつつ、派手すぎもしない絶妙なバランス
各エアロパーツはほどよくワイド&ローに見せつつ、派手すぎもしない絶妙なバランス

ラインはシンプルでも細部に煌めきを配する

エアロはフロントスポイラー/サイドドアモール/リヤスポイラーというオーソドックスな構成で、純正のボディラインを崩すことなく、D.A.Dらしい存在感とゴージャスさを醸し出している。
今回の東京オートサロンで初めて一般公開されたこともあり、ブースを訪れたユーザーからの反応は上々だった。3点セットで12万円というリーズナブルな価格も大いに魅力だろう。

スモーク処理が施されたライトまわりや、ディフューザー部の塗り分けにもセンスが光る。ホイールはツェンレイン109ジュエルだ。

ブースではクリスタルベンツのゴールドおよびシルバー、アルファード/ヴェルファイアなどのデモカーを展示。ニューアイテムの販売も行なわれ、大勢のファンで賑わっていた
ブースではクリスタルベンツのゴールドおよびシルバー、アルファード/ヴェルファイアなどのデモカーを展示。ニューアイテムの販売も行なわれ、大勢のファンで賑わっていた

D.A.D

 

【関連記事】

オートサロン2016「ワーク」が新ブランド”Lanvec”とT7Rの2ピースホイールを発表

オートサロン2016「美乳(Nice breast)」ベストショット14選

オートサロン2016「WALD」が手がけたロールスロイスの最上クーペ

オートサロン2016 撮れたて「キュート」なコンパニオン画像まとめ