「シックスセンス」が20インチの”ジュールJM-18”メッシュホイールを追加!


アルファード/ヴェルファイアをターゲットに
装着時のフォルムも想定したデザインを採用

トヨタ・アルファード&ヴェルファイアのドレスアップを得意するパーツメーカー「シックスセンス」が、ネオクラシックなイメージのメッシュホイール『ジュールJM-18』に20インチが追加した。カラーはディープシルバーとグロスブラックの2種類。これは、30アルファード&ヴェルファイアにドンピシャでハマる!

sixth-sense01

独創的なデザイン力で多くの支持を集める「シックスセンス」。同社はアルファードやヴェルファイアオーナーに対して、様々なエアロパーツを開発してきた。

キャリパーにはシックスセンス製キャリパーカバーをインストール。ビッグキャリパーでもすんなり飲み込んでくれるところにユーザー目線の製品作りを感じさせる
キャリパーにはシックスセンス製キャリパーカバーをインストール。ビッグキャリパーでもすんなり飲み込んでくれるところにユーザー目線の製品作りを感じさせる

そのシックスセンスのオリジナルホイールである「JM-18」は、もともとKカー専用として16インチのみをラインアップしていたが、今回多くの要望に応えて20インチを追加した。
デザインはネオクラシック的な18交差メッシュ。この姿を見れば、往年の流行が思い起こされ、思わず欲しくなってしまうことウケアイだ。

またホイール単体としてのデザインだけなく、クルマに履かせた姿にこだわったのにも注目したい。
ディスク面を緩やかにラウンドさせ、ミニバンでもしっかりと深いリムを主張できる足もとに進化。30ヴェルファイアなら、写真のようにリヤは深リムを強調したフォルムに仕上げることができる。

写真の車両は純正エアログレードに装着したもの。もちろんアフターパーツ系エアロを装着すれば言うことはないが、このようにエアロレスで極低車高、つまり純ベタ(純正ベタベタ車高)仕様でもスマートにアピールすることができるのだ。

ちなみにこのホイール、アルファード&ヴェルファイアなどのミニバンばかりがフューチャーされがちだが、セルシオやクラウンなど純正の大径ローター&大容量キャリパーにも対応。ミニバンでシックスセンス製のキャリパーカバーを履かせてもしっかり収まってくれる。

sixth-sense03

30ヴェルファイアに履かせるとこれほどまでのリムを稼げる。このディープ感、なかなか迫力がある。フロントが20×8.5J、リヤが20×9.5J

36個のダミーピアスボルトがあしらわれ、マルチピースルックなのがクール。センターオーナメントはブラックとレッドを付属

サイズ インセット P.C.D HOLE 価格(税込)
20×8.5 45/35 114.3 5 ¥62,640
20×9.5 40 114.3 5 ¥64,800

シックスセンス TEL0721-23-0707 http://www.sixth-sense.jp/

【関連記事】

オートサロン2016「BBS」が2017年発売の新作モデルまで見せた

オートサロン2016「ワーク」が新ブランド”Lanvec”とT7Rの2ピースホイールを発表

東京オートサロン2016で見つけた「セクシー」なキャンギャル画像まとめ

【セクシー!】オートサロン2016 キャンギャルベストセレクション