BBSがホイールに求める3つの定義を昇華させた「RI-A」 (1/2ページ)


「機能性の追求」「飽きのこないデザイン」
「流行に左右されないスタイル」

F1への供給でも知られる高性能ホイールの代名詞「BBS」。超超ジュラルミンA7000系を採用した鍛造ホイール「RI-D」は、R35GT-Rなどの超高性能スポーツモデルをターゲットに開発。そのDNAを継承するアルミ鍛造ホイールが「RI-A」だ。BBS

「われわれは、ホイール作りにおいてカッコ良さを意識していません。BBSホイールはまず徹底的に機能性を追求。デザインはその結果、必然的に生まれたものなのです」。そう言い切るのはBBSジャパン営業企画部の長尾和広部長。
BBSを代表するイメージといえば、メッシュタイプのデザインだ。「メッシュホイールといえばBBS、BBSといえばメッシュホイール」それは自動車ファンの間に浸透している。

BBS JAPAN 営業企画部 部長 長尾和広氏 「GT500に参戦するS RoadGT-Rに装着される18インチをモチーフにストリート 用をデザイン。レース直系の本格派です」と長尾氏
BBS JAPAN 営業企画部 長尾和広部長「GT500に参戦するS RoadGT-Rに装着される18インチをモチーフにストリート用をデザイン。レース直系の本格派です」と語る

平成23(2011)年、BBSは加工の難しい航空機などにも使われる超超ジュラルミンA7000系を使った超軽量な鍛造ホイール「RI-D」を市場に投入。デザインも伝統のメッシュではなく、5本スポークをモチーフにしたシンプルだが、新しさを感じるデザインを採用した。

超超ジュラルミン鍛造ホイール「RI-D」。サイズラインアップは、19インチは8.5J〜12J、20インチが8.5J〜11.5J
超超ジュラルミン鍛造ホイール「RI-D」。サイズラインアップは、19インチは8.5J〜12J、20インチが8.5J〜11.5J

メッシュからスポークへ。BBSとしてはデザインの大きな変革を成し遂げたが、「機能性の追求」「飽きのこないデザイン」「流行に左右されないスタイル」という同社の製品開発に対する3つの定義は不変。
RI-Dのデザインも超超ジュラルミンという新しい素材の優位性を生かしながら、最高のホイールを追い求めた結果、生まれたものだ。軽量・強靭という機能性を追求して生まれたこの高性能ホイールは、R35GT-R用として20インチサイズが設定され、多くのR35GT-Rオーナーに支持されている。