大阪オートメッセ「ワゴン/セダン/Kカー」ドレスアップを極めた6台 (1/3ページ)


「オートメッセウェブ(Auto Messe Web)」ブースに
ワゴニスト/VIPスタイル/Kスタイル読者の愛車が集結

今年は記念すべき20周年となる「大阪オートメッセ2016」は、大阪市のインテックス大阪で2月12〜14日に開催。昨年12月24日にオープンした「オートメッセウェブ」は、ワゴニスト/VIPスタイル/Kスタイルという強豪ドレスアップ誌とコラボレーションしてブースを出展します。そこで展示する6台のオーナーカーを紹介します。なお、大阪オートメッセ展示に向けてリメイクをしている車両もあるというので、期待してほしいとのことです。

【ワゴニスト】

ODYSSEY/オデッセイ・西村 優サンオデッセイ

  地を這うような低車高に、滑らかながらもワイドなフェンダー。美しさと緊張感がヒシヒシと伝わってくる西村オデッセイ。「自分にしかできないカタチ、バランスを創りたい」というコンセプトのもと、フェンダーはスポーティになりすぎず、少しナチュラル寄りな造形に。
光の具合で色味が変わるボディカラーはゴールドのケーニッヒとの相性に配慮して。SSRのリムを組み合わせてイチから創ったこだわりのホイールは、ユーロチューナーなケーニッヒ。マフラーはヤンチャな6本出し、と様々なジャンルの要素を取り入れながらも、それらのすべてにつじつまが合っている。これが西村オデッセイから放たれる、異質なオーラの秘密なのだろう。

 

ESTIMA/エスティマ・黒川 智サンエスティマ

ボディカラーはオリジナルのイエローゴールド。BMW M3純正色をベースに、より明るく調合したという黒川エスティマ。のっぺり感をなくすため、部分によってマットブラックとガンメタを使い分けているのもポイントだ。
デイライトは定番の直線ではなく、エッジの効いたくの字に。スピンドルと印象と対比させることで、自分らしさを演出している。
またワークス風のデザインが印象的なフェンダーは、あえて見える位置ではなく、フェンダー裏側でリベット留めするというツウなあしらい。フロント約50mm、リヤ約80mmワイドで出すぎず控えめすぎないサイズ感で、ツラツラな足まわりセッティングを実現している。

(レポート:ワゴニスト編集部)