ハイエースの車内をゴージャスに演出する「ルナインターナショナル」のインパネカバー


特別仕様車で採用されたマホガニー調インテリアパネル

使いやすさもばつぐんだけど、実用車だけに豪華さや見栄えのよさは省かれている「ハイエース」の室内デザイン。外装に色々と手を入れるほど、車内とのギャップを感じる人はいるだろう。そんな悩みを解決するのが「ルナインターナショナル」が発売するインテリアパーツである。

ルナマホガニーインテリアパネルの価格は標準が3万3000円。ワイドが3万5000円。これだけ雰囲気が変わればクルマに買い換えたような新鮮さだろう
ルナマホガニーインテリアパネルの価格は標準が3万3000円。ワイドが3万5000円。これだけ雰囲気が変わればクルマに買い換えたような新鮮さだろう

順番に紹介していくと、まずダッシュボードのマホガニーウッドパネル。これはハイエースの特別仕様車である「ダークプライム」グレードのインパネやドアスイッチまわりに使われている黒木目マホガニー調の加飾プレートと同じ雰囲気で仕上げられているものだ。

ハイエースの特別仕様車「ダークプライム」と同じ黒木目のマホガニー調パネルを採用。自動車メーカーが選ぶ柄だけにマッチングは良好
ハイエースの特別仕様車「ダークプライム」と同じ黒木目のマホガニー調パネルを採用。自動車メーカーが選ぶ柄だけにマッチングは良好

味気ないノーマルのダッシュボードに、このプレートを装着するだけで雰囲気は激変。直線的な形状のダッシュボードだけにマホガニー調の模様がより際立って高級感たっぷりのルックスとなる。

キルティング加工の重厚感あるサイドカバー

ルナサイドカバーとルナセンターコンソールカバーは、ブラック表皮にカラーステッチが入ったキルティング加工となっている。装着すると、これがハイエースの室内?と思うほど印象は大きく変化する。

ルナサイドカバーは、渋い黒表皮にカラーステッチが入ったキルティング仕様は高級感を感じさせるアイテム
ルナサイドカバーは、渋い黒表皮にカラーステッチが入ったキルティング仕様は高級感を感じさせるアイテム

ルナマホガニーインテリアパネルとルナサイドカバー、そしてルナセンターコンソールカバーの組み合わせで生まれるゴージャス感はいままでのカスタムシーンにはなかったもの。それだけにインテリアにこだわりたい人にとってこれらは魅力的なアイテム群といえるだろう。

ルナセンターコンソールカバー。ハイエースはセンターコンソールが大型で存在感があるだけにここのカバーはイメチェンに大きな効果がある
ルナセンターコンソールカバー。ハイエースはセンターコンソールが大型で存在感があるだけにここのカバーはイメチェンに大きな効果がある

ルナインターナショナル TEL06-6924-7730 http://www.luna-int.co.jp

【関連記事】

「ビートクラフト」の卓越した木工技術をハイエースのインテリアに導入

ディーキャトロのトヨタ・ハイエース用「スタイリッシュアンダーミラー」にブラックを追加

手軽に施工できるプロテクションフィルム「液体フィルムスプレー」