「初代OZホイール」を現代風にリメイクした45周年記念モデル


フィアット/BMWミニなどインポートコンパクト用サイズを設定

イタリアのアルミホイールメーカーとして有名な「OZ」が、今年1月で45周年を迎えた。それを記念して「Anniversary45(アニバーサリー45)」をリリース。そのデザインは、クラシカルな初代OZホイールを現代風にアレンジしているという。IMG_4677 1_s

OZホイールは、1971年1月4日にイタリアの片田舎で2人の青年が、当時ラリーで活躍していたミニクーパー(クラシックミニ)用ホイールを製作。これが世界的なホイールメーカーとなるスタートだったのだ。OZ

IMG_4355 1_s

「Anniversary45(アニバーサリー45)」のカラーラインアップは、ブラックダイアモンドリップ、マットチタニウムテックダイアモンドリップ、レースホワイトダイアモンドリップの3色。
鋳造1ピースで、サイズは7.0J×17〜7.5J×18の全13サイズを設定する。

センターキャップとオプションのセンターカバー”レトロボウル”を設定する。
ph_table

OZジャパン http://www.oz-japan.com/

【関連記事】

BBSが軽さを追求したマグネシウム鍛造ホイール「FZ-MG」とはBBSが軽さを追求したマグネシウム鍛造ホイール「FZ-MG」とは

レイズ「G27」が当代随一の艷クルマをさらに華やかに仕立て上げるレイズ「G27」が当代随一の艷クルマをさらに華やかに仕立て上げる

オートサロン2016「ワーク」が新ブランド”Lanvec”とT7Rの2ピースホイールを発表オートサロン2016「ワーク」が新ブランド”Lanvec”とT7Rの2ピースホイールを発表