大阪オートメッセ 出展車両から2016年のトレンドを探れ!


1970~1980年代のスタイルを今風に? シャコタン&鬼キャン&オバフェン人気が再燃!

20周年を迎えた大阪オートメッセ。クルマのカスタム文化を牽引する関西だけに、今後のトレンドを探るにはもってこいだ。インテックス大阪に集結した車両からは、ひとつの流れが見えてくる。

9I2A1436

シャコタンとオーバーフェンダー、また鬼キャンとの合わせ技でより尖ったスタイルに

9I2A1438

それはシャコタン&鬼キャン&オバフェンの復権だ。VIPでは地を這うようなローダウンが根強い人気を誇っているが、以前の極端なカスタマイズへの反動からか、ここ数年のスタイリングはどちらかというと大人しめ。しかし今年はスポーツ/セダン/ワゴン/インポートなど、カテゴリーを問わず過激なフォルムのパーセンテージが上がってきた。

ムーブメントは軽トラのカスタムにも。足まわりのパーツも豊富にリリースされている

9I2A1442

モチロン『走るため』や『見せるため』といった差はあるものの、カスタムの根底にある「他人と違うスタイルに!」との欲求が再び声を上げているようだ。大阪オートメッセは今日から3日間。会場を訪れた際はそんな点にも注目してみると面白い!

関連記事

大阪オートメッセ「ドレスアップ女子」の本音トーク映像!

大阪オートメッセ「大胆キャンギャル」ベストセレクト!

大阪オートメッセ1号館「フードコート」で楽しむ全国B級グルメ

大阪オートメッセ「フェラーリ」を意識して2人の匠がデザイン

大阪オートメッセ「大胆リメイク」で念願のチャンピオン獲得