大阪オートメッセ 1000psじゃぬるい!目指すは1200ps!! 「JUNオートメカニック日産R35GT-R」


年内リリースを狙って開発中の4.2Lキット

イエローのボディカラーでひときわ目立つJUNオートメカニックの日産R35GT-R。JUN R35 420GT-Rと名付けられたこのクルマの注目はエンジン内部にある。

T7GI2435

アルミライナーを使用した4.2Lキットが搭載されているのだ。ノーマルのGT-Rが搭載するVR38エンジンは3.8Lの排気量、400ccのアップとなる。

JUNオートメカニックはすでに4Lキットをリリースしている。今回の4.2Lキットは、同じクランクのためストロークではなくボア径によってさらなる排気量アップを行った。

T7GI2453

現在のところ約1000psを発生し、トルクは126kg-mオーバー、それに合わせてトランスミッションはDadson、Promaxのクラッチキットが組み合わされている。

T7GI2463

既にサーキットテストなども行っているがトラブルなし。今後はさらに負荷のかかる走行などを行ない、ウイークポイントを洗い出して安心の信頼性を確保した上で、年内に正式リリースを出したいという。

T7GI2456

目標は通常のパワーとして1200psを使える耐久性だ。このキットが完成すれば、R35GT-Rのチューニングは更なるステージに突入するだろう。

T7GI2445

(レポート:GT-Rマガジン・石田)

【関連記事】

大阪オートメッセ「R35GT-R」にど迫力のエアロとガルウイングドアを装着

大阪オートメッセ「ナイスパイ」なキャンギャルはこれだ!

大阪オートメッセ2016 ムフフな「セクシーキャンギャル」画像集

大阪オートメッセ【画像20枚】現代によみがえる昭和の魂 デコトラ「一番星」

大阪オートメッセ「大胆キャンギャル」ベストセレクト!