大阪オートメッセ「メルセデス・ベンツ」2台の極上ラグジュアリー


メルセデス・ベンツ好きは見逃せない2台。極上のおとなメイクをぜひ堪能してもらいたい!

上質なスピーカーで定評のソニックデザインが大阪オートメッセに持ち込んだのはメルセデス・ベンツS550Lプラグインハイブリッド。そしてデジテックはコンピュータチューニングによって661psまでパワーアップしたSLRマクラーレンを用意している。

見た目は純正と変わらず、見えない部分で楽しさ、カッコよさを追求する。そんな「これからの上質オトナメイク」を実現した2台。

01

純正と入れ替えるだけで、極上のサウンドを手に入れる!

ソニックデザインのメルセデス・ベンツS550LはSクラス専用に開発した「ソニックプラス・ザ・クレスト」を搭載。W222Sクラスではエンクロージャー一体の7つのスピーカーと、純正バルクヘッドのサイズに合わせたサブウーファーを組み合わせる。

つまり純正と入れ替えるだけで、極上のサウンドを手に入れられるというワケだ。

03

とはいっても、実際に体感してみないと真の魅力はわからないだろう。大阪オートメッセ会場では実際に視聴可能。ぜひこの機会に極上のサウンドを味わってもらいたい。

661psまでパワーアップしたSLRマクラーレン!

そしてデビューから10年以上経っても人気のSLRマクラーレンを展示するのはデジテック。欧州車のコンピュータチューニングとしてトップレベルのブランドだ。

04

純正のSLRマクラーレンはカタログ値で620psだが、デジテックのチューニングによって661psまでパワーアップしている。その他、ホイールはHRE P40SCの20インチを装着し、K&Nのエアフィルターにてパワーアップに貢献している。

05

この魅惑のスーパーカーは一見の価値アリだ。どちらもメルセデス・ベンツ専門誌であるオンリーメルセデスのブースに展示している。ぜひ6B号館でお待ちしています!

(レポート:オンリーメルセデス・松本)

【関連記事】

大阪オートメッセで見つけた「ちょいポチャ」キャンギャルが可愛い!

大阪オートメッセ「ナイスパイ」なキャンギャルはこれだ!

大阪オートメッセ2016 ムフフな「セクシーキャンギャル」画像集

大阪オートメッセ【画像20枚】現代によみがえる昭和の魂 デコトラ「一番星」

大阪オートメッセ「大胆キャンギャル」ベストセレクト!