大阪オートメッセ「フェニックスパワー」強烈R35GT-R3台の合計出力は3000馬力超!


オリジナルタービンで最強チューニング

日産R35GT-Rだけで700台近いクルマを手がけている、西日本におけるチューニングショップの雄「フェニックスパワー」。大阪オートメッセ2016には、3台のR35GT-RとR34スカイラインGT-R1台、合計4台を出展している。

01白のR35GT-Rは「OHNOU R35 0-1000スペック」というドラッグ用マシン。フェニックスパワーの新しいオリジナルタービン、TD-06SH改27Zタービンを搭載し、HKSの鍛造ピストン&H断面コンロッドなどでチューニング。大台乗せの1005psを発生する。

04青のマシンは「FIJIWARA R35最高速スペック」と呼ばれるクルマ。JUNの4リットルキットにトラストのTD-06SH25Gタービンを組み合わせ、1062psを発揮するエンジンだ。

07「KAWATA R35サーキットスペック」という黒のR35も、フェニックスパワーオリジナルのタービンを組む。ただし白のマシンより容量が小さいTD06-SH改24V。エンジン自体もHKSの鍛造ピストン&H断面コンロッドなどを組み込み985.82ps! いずれも強烈なスペックを誇る。

レアなMスペックのR34GT-Rは美しさも追求!

もう一台、R34スカイラインGT-Rは「YAMAMOTO BNR34 ストリートSPEC」と呼ばれるストリートを中心に幅広く使用できる仕様。11

ベースはMスペックで、快適装備等はそのまま残している。ただしエンジンは東名パワードの2.8リットルキットにトラストのT78-33Dタービンを組み、674.5psを発生している。
リザーバー、遮熱板、キャッチタンクなどはオーナーさんこだわりのワンオフもので、美しく仕上がっているエンジンルームにも注目してほしい。12

(レポート:GT-Rマガジン編集部・石田)

【関連記事】