大阪オートメッセ「レヴォーグSTIコンセプト」の市販化確実な完成度


ポップな配色とスポーティなスモークレンズ
カジュアル仕様の「HVハイブリッドSTI」

昨年の大阪オートメッセのSUBARU/STIブースは、サンライズイエローの「BRZ tS 2015モデル」が初出展となり来場者の注目を集めた。今年は、「レヴォーグSTI CONCEPT」と「SUBARU XV HYBRID STI CONCEPT」を送り込んできた。SUBARU

『レヴォーグSTI CONCEPT』はこれまでの「S」や「tS」といったSTIのコンプリートモデルとは異なり、STIのエッセンスを注入しながらも、レヴォーグの最上級モデルという位置づけとなる。

注目はやはり「レヴォーグSTI CONCEPT」。完成度の高さは市販車レベル!
注目はやはり「レヴォーグSTI CONCEPT」。完成度の高さは市販車レベル!

足まわりのチューニングはもちろん、ボルドーのインテリアや専用のフロントマスクなど、その完成度の高さから市販化にも期待がかかるもでるといえるだろう。SUBARU

もう1台の注目モデルである『XV HYBRID STI CONCEPT』は、これまでのSTIの世界観にとらわれないカジュアルでPOPな印象のコンセプトカーだ。

XV HYBRIDにSTIならではの走りと、STI自身の新たな方向性を展開する「XV HYBRID STI CONCEPT」
XV HYBRIDにSTIならではの走りと、STI自身の新たな方向性を展開する「XV HYBRID STI CONCEPT」

内外装にXVのイメージカラーであるオレンジを随所に配しながらも、オレンジのシートベルトやスモークレンズのリヤコンビレンズなどから特別なXVであることを感じることができる。SUBARU

もちろん、足まわりはSTIの手が入るほか、標準のXV HYBRIDには設定のないSIドライブのS#モードが設定されている部分から、STI自慢の走りの性能は期待を裏切らないはずだ。STIの新しい方向性として、ぜひとも注目したい1台だ。

 

ブース内では昨年同様イベント特価をはじめとした物販が展開されているほか、出展車両は「BRZ GT300」、「STI NBR CHALLANGE2016」、「全日本ラリー参戦車両(新井 敏弘選手モデル)」、「Gazoo 86/BRZ Race参戦車両」も展示されている。

NBRチャレンジ号はここからさらなるセットアップが煮詰められる。2016シーズンも必勝態勢だ!

全日本ラリー選手権参戦車両には新井 敏弘選手の駆るWRX STIを展示。国際格式ラリーに慣れている新井選手ならではの左ハンドル仕様。

「Gazoo 86/BRZ Race」に参戦中のBRZ。CG ROBOT RACINGの久保 凛太郎選手のマシン

2016年シーズンのSUPER GTを戦うBRZは、タイヤサイズを変更。シリーズ3勝を目指す

STIのてがけるレヴォーグ用のNEWアイテムも続々リリース
STIのてがけるレヴォーグ用のNEWアイテムも続々リリース

さらにレヴォーグ用のSTIスポーツパーツの展示では、新製品の「ローダウンコイルスプリング」や「エギゾーズトキット」なども実物が展示されている。

今年はオートメッセ初公開!というモデルは存在しなかったが、今年もスバルファンは存分に楽しめるブース内容となっている。是非来年はオートメッセでしか見れないモデルやオートメッセで初公開!といったモデルに期待したい。