大阪オートメッセ「カッコイイ!」だけで選んだマシンまとめ18台 (1/3ページ)


F1マシンからドライバーの愛車まで
ジャンルを問わず一気見せ

■F1

AUTOMESSE01

マクラーレン・ホンダMP4-30Honda

ホンダのブースには、言わずと知れた、マクラーレン・ホンダMP4-302015年)。マクラーレンとホンダのコラボレーション復活1年目のシーズンを戦ったマシンのショーカー。初年度は苦戦を強いられたが、2年目となる今年はどうか? 一説には、大幅パワーアップを遂げたという噂も!?

AUTOMESSE02

非常にコンパクトのまとめられたリヤエンド。しかし、実際のMP4-30のモノとは、少々形状が異なる。

AUTOMESSE03

そのMP4-30を駆って戦ったのはフェルナンド・アロンソ。昨年末にホンダ・レーシング・サンクスデーに来日した際、まさにこのN-ONEでエキシビションレースに出走した。その記念のサインも、今も綺麗に残っている。

AUTOMESSE04

フェルナンド・アロンソのサイン

AUTOMESSE05コジマKE007NGKスパークプラグ)

長谷見昌弘がドライブし、日本で初開催されたF1レース”F1世界選手権inジャパン1976年/富士スピードウェイ)に出走した国産F1マシン。予選初日、上位のタイムを記録していたものの、最終コーナーでクラッシュ。マシンは大破したが、御殿場中のレース関係者が集まり、必死に修復を果たし、決勝出走に漕ぎ着けた。

数年前にとある倉庫で発見され、レストア。再度復活したマシンは、グッドウッドなどに招待され、その雄姿を披露した。

AUTOMESSE06

当時はまだディフューザーの概念がなかった。