大阪オートメッセ「WALD」エアロ設計に込められた”おもてなし”の真実


ユーザーにストレスをかけない設計を基本に
さりげなく存在感を主張するフォルムを実現

ブース中央にロールスロイスのスポーティクーペ「レイス」を展示する『WALD(ヴァルド)』。大阪オートメッセ2016には、このほかトヨタ・ヴェルファイア/ランドクルーザー/ハイエース、メルセデス・ベンツSクラス/AMG GT、マセラティ・ギブリを展示していた。WALD

いずれも同社のエアロパーツを装着しているのだが、その佇まいはじつにナチュラル。存在感はあるのだが、まるで純正フォルムのような気品を感じさせられる。
そのようなフォルムが、国内だけなく海外からも高い支持を受けている。しかも、そのユーザーはブースに展示している高級車に乗るようなセレブも多数含まれているのだから驚きである。

WALD

WALD
何気なく見ていると純正フォルムと思ってしまうほど、高いクォリティとフィット感を実現するヴァルドのエアロ。輸入高級車用を多数ラインアップする

「エアロパーツは、クルマのサイズ感を変えないことに気を配っています。大きなスポイラーやウイングを使えばイメージは一変します。それをヴァルドのエアロを買っていただくお客さまは求めていません。
また、ユーザーがストレスを感じないことが基本です。例えば路面の段差を気にせず通過できるなど。そのようなことなども含めて設計をしています。とはいえ純正とは異なる存在感をプラスすることは重要です」と守 竜太郎代表は語る。WALD

ヴァルドのエアロパーツは、基本的にフロント、サイド、リヤの3ピース。フェンダー交換など大きな加工を必要とする大掛かりなパーツは存在しない。
「クルマのフェイスには表情があります。バンパーまわりの輪郭を変更し、ラインの取り方、ハイライトの入り方でイメージは変わります。純正でも標準グレードとスポーティグレードでラインが異なっていて、そのイメージを参考にすることもあります。しかし、フェンダーの膨らみ方が違うなど、さまざまな要素を融合させるデザインを成立させるところが難しいですね」と守代表。

WALDこのように、自らさまざまな制約を課しながらも、あれほどの存在感を出す秘けつを守代表は
「デザイン性とクオリティを高めることを優先しています。例えば、エアロパーツを製造するとき、金型が使えるデザインにすれば生産性は高まります。しかし、凝ったデザインにすると金型が使えず、一つずつ型に入れて作ることになってコストは高くなります。それでも良いものを作り、お客さまに満足してもらえる製品をリリースするための努力は惜しみません」と語ってくれた。

T7GI4786また、ヴァルドでは7ブランドのオリジナルホイールを展開。最近はCAD(キャド)を使い、光り方で立体的に見せるデザインを採用している。最新のJARRET(ジャレット)は、ランドクルーザーに装着することを想定し、10×22(INSET+45)〜10.5J×24(INSET-5)というサイズをラインアップしている。

ヴァルドが作り上げる「さりげなくゴージャス」な世界観は、まさにクォリティを高めるためには一切の妥協を許さないことから作り上げられていると実感した。

WALD守 竜太郎代表
WALD 守 竜太郎代表

【関連記事】