チューナーとユーザーによるインポートスタイルアップの妙技


チューナーとユーザーが作り上げた
ドレスアップ・チャンピオンの世界観

毎月10日発売のaf imp.(オートファッション・インプ)は大阪オートメッセのブースに、ドイツチューナーのコンプリートスタイルと、好評企画スタイルアップカーコンテストのチャンピオンカーを展示した。チューナーの創り上げた世界観と、ユーザーの作り込んだ独創のスタイルという両面を展示。

TECHART
MAGNUM based by Porsche Cayenne TurboPH001ポルシェを専門に手がけるドイツチューナー『テックアート』。カイエンをベースとしたコンプリート『テックアート・マグナム』は、ノーマルを遥かに凌ぐワイドなボディが最大の魅力。ノーマルでも大柄なカイエンだが、このボディキットで別物のような迫力を身に纏うことができる。

PH002

前後バンパー、ボンネット、前後フェンダー、サイドスカート、リアスポイラー、そしてマフラーと、全身テックアートで揃えられたカイエン。ホイールは22インチのフォーミュラー4を履く。

Style Up Car Contest 2015 WINNERPH003

昨年のスタイルアップカーコンテスト、総エントリー1224台の中から選ばれた頂点のクルマ。シンプルに見えつつ、計算されつくした配色やカスタマイズが、強豪ぞろいのエントリー車両から一歩抜け出しました。

PH004抑制の効いたヨーロピアンスタイルに、最新ホイールを投入したミクスチャーメイク。チューナーズアイテムを使いつつ、オーナーのオリジナリティ溢れるゴルフに仕上がっている。

【関連記事】