ホンダS660用「スポーツマフラー」厳選5タイプ! (1/3ページ)


アフターパーツ業界が素早く対応した
ホンダS660用マフラーラインアップ

いまだ注文から納車までには1年弱の期間を要するほど大人気の「ホンダS660」。その期間を待ってでも購入する人たちは根っからのホンダ党も多く含まれるため、実は当初、カスタマイズ業界は「おそらく純正志向が強いのだろう」とにらんで、いわば様子見状態にあった。
ところが、である。蓋をあけてみるとオーナーのカスタム精神は旺盛で、ディーラー装着可能な純正オプション品である『モデューロ』パーツや『無限』パーツを納車段階でてんこ盛りにするという人も珍しくなかった。さらに業界が驚いたのは、アフターマーケットパーツ、とりわけマフラーへの注目度の高さだったのである。S660

ホンダS660の発売直後からスポーツマフラーをラインアップしていた「HKS」や「フジツボ」、「柿本レーシング」などのアフターパーツメーカーには、多く注文が寄せられ、HKSなどは新車発売から1年未満にも関わらず2作目をリリースするほど。
さらに従来からのマフラーブランドに加えて、ロッソモデロの4本出しマフラーなどに代表されるように、数多くのコアなメーカーが様々な構造の商品を送り出して、それが軒並み好評を得ていることにも注目したい。

そう、S660では、パーツのブランド名にこだわる人が多いイメージもあった従来のホンダファンとは異なり、パーツ単独での評価をしている層が増えている傾向にあるようなのだ。

というわけで数多くのメーカーが参戦して盛り上がるS660マフラーカスタムシーンは、今後もますます発展していきそうだ。