空気ではなく油圧で車高を自在に調整する「トリニティ」


車高ダウンだけでなくハイエースの乗り心地がアップ!

カスタムシーンにおける「車高調整装置」といえば空気バネの圧力調整で車高を上げ下げするエアサスペンション(エアサス)がおなじみ。
ところが「トリニティ」が勧めるのはハイドロ式のサスペンションシステムだ。

ハイドロシステムは使用パーツのチョイスや装着法自体に自由度があるのでショーカー的なフィッティングを追求できる。
ハイドロシステムは使用パーツのチョイスや装着法自体に自由度があるのでショーカー的なフィッティングを追求できる。

この仕様を簡単に説明すれば油圧式サスペンション。通常の金属バネの代わりにオイルとエアで車体を支え、ガスとオイルが入っている純正ダンパーのかわりに油圧で動作するハイドロダンパー(シリンダー)というパーツを組み込むもの。
このシステムでは、車体を支えることと揺れを抑えることを油圧で行うので、走行状態での設定圧から油圧を下げれば車高は下がる。これをローダウンスタイルを作ることに利用している。

システムを構成するパーツは意外とシンプルだが、それゆえにクルマや用途、そして装置の見せ方などにあわせてフィッティングの自由度もある。まさにハイエンドのカスタムユーザーには適したアイテムといえよう。

また、このトリニティのハイドロサスを装着して、走行用の車高にセットした際は乗り心地が純正サスペンションより良好というメリットもあるという。

サスペンションに大幅な変更を行うものだが、基本システムは意外とシンプル。ただし、キットではないので取り付けは難易度が高い
サスペンションに大幅な変更を行うものだが、基本システムは意外とシンプル。ただし、キットではないので取り付けは難易度が高い

このように取り付けることでの利点も多いシステムだが、公道を走るクルマに付ける場合、走行に直接関わるサスという部位であり、なおかつ高い油圧が生じるシステムということで、安全性を重視するため専門知識を持った工場で取り付け/メンテナンスが必要でもある。

ボディの下面が完全に路面に接地している。これ以上は下げられないレベルだ。ところが油圧で車高を持ち上げると快適に走って帰れる
ボディの下面が完全に路面に接地している。これ以上は下げられないレベルだ。ところが油圧で車高を持ち上げると快適に走って帰れる

このハイドロシステムをハイエースに組み込む場合の費用は仕様によって異なるので、参考としてあげると96万円~となっている。

問:トリニティ TEL043-308-5610 http://trinity.arrow.jp

(レポート:ハイエーススタイル編集部)

【関連記事】