東京〜大阪往復1200km弾丸ドライブに最適なクルマとは (1/3ページ)


ただ柔らかいだけは長距離走行に適していない

雪が降るかもしれない気象状況で、大きな荷物を積んで東京〜大阪往復1200kmを走行しなければならないとき、もし「好きなクルマで行って良い」と言われたら、どんな基準でクルマを選びますか?

荷物を積むためるワゴンかミニバン。これはマストな項目。では、次に燃費? 乗り心地? パワー? さらに悪天候も考えると4WD? などなど。
そこで編集スタッフが導き出した答えは「BMW320i xDrive ツーリングスポーツ」。BMW

このクルマを選んだ理由(言い訳?)をつらつらと書いてみるが、クルマ選びの一つの指標になるかもしれないのでお付き合い願いたい。

まず、運転してくれる人がいるなら後席でゆっくりできて荷物も積めるミニバンという選択肢もある。だが、今回は往路は2人だが復路は1人。そうなると上屋の大きいクルマよりドライバーズカーであるワゴンのほうが有利だ。

さらに余裕あるパワーと天候の影響を受けにくい4WDシステム、そしてドイツ車ならではの長距離移動の快適さが最大のポイントだ。T7GI1627BMWのようなドイツ車は、1日に数百キロの距離をハイスピードで走ることを前提に設計されている。適度に締まった足まわり、身体の要所をしっかりと支えるサポート性に優れたシートなど、国産車に比べると若干硬めだが、長く走るためには必要な装備・設定なのだ。
ミニバンのように柔らかいサスペンション(ダンピング)やシートは、チョイ乗りなら快適そうに感じるが、じつは走行距離に比例して身体の疲労がどんどん溜まってくるもの。T7GI1126

BMW320i xDrive ツーリングスポーツのボディサイズは、全幅こそ1.8mと3ナンバー枠となるが、全長は4.65mと5ナンバーサイズ。幅さえ克服できれば、ハンドルの切れ角も大きいこともあり、市街地などでの取り回しは、コンパクトカーと大きな違いは感じない。
場合によっては、5ナンバーの国産FF車がUターンできないところで、BMW320i xDrive ツーリングスポーツが一発で決められることもある。