【速報】レアなクルマのカスタムカーが並ぶバンコク国際モーターショー (1/3ページ)


ピックアップトラックのワンメイクレース用マシンはいすゞ製

急激な経済成長をするタイの首都バンコクで「バンコク国際モーターショー」が3月22日より4月3日までの12日間で開催された。
お金持ちが多い国ということもありスーパーカーの展示もあったが、カスタム系を中心に「これって?」というクルマをピックアップ。そのトップとなるのがいすゞのピックアップトラック「D-MAX」だ!

1458640433803コンケーブしたTAM製のホイールには、トーヨーの海外向けブランド「ニットー」のセミスリックタイヤを装着。フロントサスキャンバーが付けられ、ど派手なカラーリングを採用。エンジンはディーゼルターボでマニュアルトランスミッションを搭載する。じつは、タイではピックアップトラックのレースがあるのだ。その動画を見ると、レース時はリヤウイングを装着しているマシンもある。

2012年のレース風景。「D-MAX」からの車載カメラをお届けしよう。

オヤジセダンのラティオがスポーティに

日本の日産ラティオの輸出仕様が「ALMERA」(アルメーラ)だ。赤いストライプが入ったフロントリップ、サイドステップとリヤウイングを装着し、ピアノブラック調のドアミラー。ホイールもスポーティなデザインだ。
このような組み合わせといえば、そう「NISMO」パッケージだ。日本では5ドアハッチの「ノート」NISMOパッケージは、タイではセダンで登場。タイのセダン需要の高さが伺える一台。

1458641325833