時代は4連LEDヘッドライトに!新型プリウスPHVがニューヨークショーで登場


専用デザインを各部に採用するトヨタ新型プリウスPHEV

各自動車メーカーが採用を進めているLEDヘッドライト。ドレッシーな薄型LEDヘッドライトユニットによる鋭い目力の代表といえば、やはりアウディ。そんなアウディに追従するかのように、4連LEDヘッドライトを採用したのがニューヨークショーで発表されたトヨタ「プリウスPHV」だ。20160323_01_06

トヨタ「プリウスPHV」は、4代目となる現行モデル50系プリウスをベースにフロントマスクやリヤビューをオリジナルデザインを採用。20160323_01_03フロントは大型アクリルグリルを採用し、中央部をブラックにすることでスピンドルグリル風。
そして注目なのは、ヘッドライトが4眼式角目LED、バンパーの左右端に縦長のLEDクリアランスランプを採用している点だ。20160323_01_04

プリウスPHVは、リヤオーバーハングをプリウスより80mm延長したことでバックドアから中央部が凹状のリヤスポイラーなどデザインが異なっている。
20160323_01_13リヤコンビネーションランプは、縦基調のプリウスに対して「プリウスPHV」はバックドアも使ったL型ランプ。バンパー両端にはディフレクターを備える。

 

11.5インチ縦型フルハイビジョンモニターを採用

インテリアで目を惹かれるのが、センタークラスターに装着された11.5インチのトヨタ初採用となるフルハイビジョンモニターだ。20160323_01_16エアコンの吹き出し口を確保するためか、縦型というのも特徴的。まるでタブレット端末が装着されているようだ。モニターには、ナビゲーションのほかエアコンや車両情報、オーディオなどを表示。つまり、一般的な社外ナビゲーションの装着は難しそうだ。20160323_01_18

ちなみに性能面では、ハイブリッドモードの燃費は37km/Lとプリウスと同レベル。だが、駆動用のリチウムイオンバッテリーを小型高容量化したことで、EVでの走行距離は先代モデルの26.4kmからイッキに60km以上に進化させた。20160323_01_24さらに日本仕様では、200V/100Vの通常充電のほかに急速充電にも対応。また世界発の駆動用バッテリーを充電するソーラー充電システム(日本仕様よ欧州仕様)も採用している。

なお、プリウスPHVの発売は2016年末と予想されている。

<新型プリウスPHEV画像ギャラリー>

【関連記事】