「日産GT-R」がビッグチェンジ!発表会動画はハコスカも登場


進化が止まらない!日産GT-Rが大胆チェンジ

2007年の登場以来、毎年のように進化を続ける「日産GT-R」。
現行の2015年モデルで550psと発表当初の480psからじつに70psもアップしている。

今回ニューヨーク国際モーターショーで登場した「GT-R」。現行R35型としては、インテリアやボディまわりを大幅に変更。まさにR35史上初となるビッグチェンジを果たしたのである。

具体的には、デザインシグネチャーであるVモーションを採用。グリルは、マットクローム仕上げを施し、最新のメッシュパターンに変更。開口部の拡大により冷却性能を向上と空気抵抗を低減を両立。従来モデルの空力性能をキープしている。
またエンジンフードは、剛性の向上により超高速域での変形を抑制。さらに、フロントスポイラーもレースカー直系の血統を感じさせるデザインで、高いダウンフォースを実現する。

しかも、エンジンは565psまでパワーアップと、このクルマの進化はどこまで続くのか?と思ってしまうほどだ。160324-01-01-1200x822
160324-01-04-1200x808

そんな新型GT-R発表の動画には、オープニングで一瞬BNR34型スカイラインGT-Rが写ったかと思えば、ハコスカのレースシーンなどが盛り込まれている。
10分強の長いビデオだが、ジックリとみる価値はありだ!

画像ギャラリーもあるので、そちらもご覧いただきたい。

【新型GT-R画像ギャラリー】

エンジン主要諸元(北米仕様)

型式 VR38DETT
種類 DOHC
シリンダー数 V型6気筒
総排気量 3.8L
最大出力 565hp/6,800RPM
最大トルク 467lb-ft/3,300-5,800RPM

主要諸元

全長 4,710 mm
全幅
(ドアミラー除く)
1,895 mm
全高 1,370 mm
ホイールベース 2,780 mm

【関連記事】