海外でRX-7とランエボがストリートゼロヨン【動画】


公道というアウトローなところにドキドキ

15年くらい前は、日本でも各地で行われていたストリートゼロヨン。
当然のことながら、非合法行為だから衰退。しかしドラッグコースでの公式レースはモータースポーツとして公のものとして広まっていった。

この映像は昨年にアップされた海外のストリートドラッグ(=ゼロヨン)。
まだ、このような行為ができる国があり、若者がクルマを楽しんでいるのだと思う。スクリーンショット 2016-03-28 18.01.45

動画では、マツダRX-7と三菱ランサーエボリューションIXのチューニングカーが対決。
RX-7はリヤにハイトの高いタイヤ(ドラスリか?)を装着して、ホイールスピンをあまりせずにスタートしている。

しかし、スターターの合図がヘタで、動画前半の2分は2台のクルマのスタートが合っていないので対決にならず。2分10秒当たりからスタートが同調しています。

ゴールまでの距離は、それぞれ4速までシフトアップしているので400m弱というところか。

【関連記事】