厳選!注目のブラック系ホイール7タイプをピックアップ


ボディカラーを問わず足元を演出するブラックホイール

新作ホイールのラッシュを迎えた2016年の春。そのなかでもブラックカラーのホイールはどんなボディカラーとも似合うのが魅力だ。今年の新作には、魅せ方にひと工夫を加えたモデルが各社から続々と登場している。
ポリッシュ加工でエレガントに見せたり、マットブラックでタフさを演出するなど今年、注目となること間違いなし!というブラック系ホイール7タイプをピックアップした。

画像1

光の当たるとブルーに輝く新ブラックを提案

「レイズ」は、ストラテジーアの新作ヴァローレに採用する新たなブラックを提案。それがスパークリングブラックパールである。


一見するとフツーの黒に見えるが、光が当たると淡いブルーへと変色する、妖艶な風合いが魅力だ。いわば、他のブラックには不可能な差別化が可能に。

レイズ http://www.rayswheels.co.jp

 

インナーリムに切削ラインを加え輝きを引き立たせる

切削などのポリッシュ加工といえば、スポークに施されるケースが定番。
ところが、インナーリムに切削ラインを忍ばせたことで、フェイス奥でアルミの輝きを引き立たせたモデルが登場した。奥行きが強調できるため、ミニバンやコンパクトカーなどのハイインセット車の立体感演出に効果的だ。
画像5

ウェッズ  http://www.weds.co.jp
トピー実業 http://www.topyep-apdwheels.com
コスミック http://www.cosmic-inc.com

 

ブラックフェイスにお洒落なワンポイントアクセント

アルミ地を大胆に削ることで、スポークのデザインアクセントになるマシニング(削り加工)。この加工技術も向上し、スポーク側面や内側に取り入れることも可能となった。画像9そんなマシニングの魅力を引き立てるのはブラックありき。キレ味鋭いアルミ地とのコントラストによって、グッとシャープな印象を与えた。

ロジャム http://www.rojam.jp
ゲイツ  http://www.gates-co.jp
ニューレイトン・ブレスト事業部 http://www.blest-wheel.com

(レポート:ワゴニスト編集部・外海)

【関連記事】