スズキ「アルト」はチューニング業界の”期待の星”


スポーツモデルが充実する軽自動車市場

15年ぶりに復活を遂げた、伝統の『ワークス』が話題沸騰中のスズキ36系アルト。スポーツカーとしての魅力にあふれる基本性能だけではなく、チューニング業界に新たなムーブメントを起こす、台風の目となることは間違いない。

ホンダS660や2代目となるダイハツ・コペンなど、いま軽自動車のスポーツモデルが熱い。そこにスズキが投入した新型アルト。5ドアの実用車という他とは毛色の違うパッケージだが、チューニング業界の盛り上がりは相当なレベルだ。

最大の理由がワークスであることが確かだが、単にネーミングが復活しただけでは、ココまで多くのユーザーやチューナーを引きつけはしない。
現行モデルである36系アルト全体に通じるイチバンの魅力、それは驚異的な軽さのボディだ。もっとも軽いグレードが610kg、最重量でも740kg。
対するS660は830kgでコペンは850㎏。その脅威的な軽さがご理解いただけただろうか。動力性能がほぼ同じなので、アルトの軽快感は想像できるはず。

エンジンはNAとターボ、ミッションは5MTとCVTと5AGS、駆動方式はFFと4WD。グレードの選択肢が幅広いのも嬉しい悩みだ
エンジンはNAとターボ、ミッションは5MTとCVTと5AGS、駆動方式はFFと4WD。アルトは選択肢が幅広いのも嬉しい悩みだ

豊富なグレード構成と、参加できるイベントの幅広さも一因だろう。ワークスおよびターボRSは今年から『アルトワークスカップ』が開催され、2017年からはレース形式の導入がアナウンスされている。NAなら新規格NAのワンメイクレース、東北660選手権が全国的な人気を博しており、いずれも細かく定められたレギュレーションのもと、ドライバーの腕を競うことができるのだ。

東北660選手権には数台の36アルトが参戦している。足まわりなどのセットアップ中だが、ベースとしての素性は上々という評判
東北660選手権には数台の36アルトが参戦している。足まわりなどのセットアップ中だが、ベースとしての素性は上々という評判

新車価格が69.7~161.8万円というのも、『若者のクルマ離れ』に一石を投じるとの期待感が大きい。NAは中古車がそこそこ存在し、サーキット仕様を作っても150万円でお釣りが出る。シビックやスターレットなどライトウェイトスポーツに若者が熱くなった1990年代。あの時代を再び呼び起こしそうな存在、それが36系アルトなのだ。

ワークスもチューニングパーツの開発が急加速するはず。吸排気や足まわりといった部分は、すでにリリースされているモノも多い
ワークスもチューニングパーツの開発が急加速するはず。吸排気や足まわりといった部分は、すでにリリースされているモノも多い

(レポート:佐藤 圭)

発売元:交通タイムス社公式

【関連記事】