648万円!トヨタ純正チューニングカー「GRMN86」サーキット試乗 (1/3ページ)


1日2台しか生産されない100台限定スペシャルモデル

1日2台、そしてトータルで100台しか生産されないというトヨタ「GRMN86」。かつてLFAを製作したトヨタ元町工場内の専用ラインで誕生する特別なトヨタ86は、価格もスペシャルで税込み648万円である。I7GM4630

648万円というプライスタグを付けられる「GRMN86」というクルマは、一体どこが凄いのか?
一見するとどこにでもありそうなチューンド86に感じるが、じつはボンネット、ルーフ、トランクはカーボン製(CFRP)。リアクォーターとリアウインドウはアクリル製だというから興味深い。
しかもリアウインドウに至っては樹脂ウインドウとして世界初の熱線入り! 見た目はありふれていても中身は自動車メーカーならではの世界観。重心高を低くする手法に妥協はない。

軽量ピストン/専用インマニ&等長エキマニを採用

ボンネットを跳ね上げれば、いつもの86のエンジンルームとはまるで違う光景。
インテークマニホールドはノーマルの86とはまるで異なる異なる形状で、完全等長のエキゾーストマニホールドも奥底に見えている。
エンジン内部は軽量ピストンが採用され、パワーは219ps(ノーマルは200ps)を発生。低回転からの扱いやすさを狙ったというが、果たしてどうだろう?_D3A1164

試乗は千葉県のサーキット、袖ヶ浦フォレストレースウェイ。
走り出した瞬間、たしかに低回転から吹け上がりがスムーズ。ノーマルの86は4000rpm以下のレスポンスがかなりダルなところがあるが、GRMN86にはそのような感覚が一切ない。
いつでも求めたとおりにキレイに反応をしてくれるのだ。そのイメージは高回転まで続く。
豪快な吸気音とセンター出しマフラーが生み出す高音を感じられるエキゾーストノートのミックスされたサウンドは、実に官能的。言い方は悪いが本当に86なのかと疑ってしまうほどの仕上がりがそこにある。I7GM4461