やっぱりクラウンの覆面パトカーのルーフアンテナは長かった (1/2ページ)


200系クラウンの覆面パトカーに遭遇
アンテナの装着位置からノーマルと違う

覆面パトカーの見分け方まとめ」という記事で、トヨタ200系クラウン(先代モデル)の覆面パトカーは、ルーフアンテナが長く、プリウスみたいな可倒式と報告した数日後、偶然にも撮影に成功したのでご覧いただきたい。DSCF0535

先代モデルとなるトヨタ200系クラウンの覆面パトカーに遭遇したのは常磐道。
走行車線を走っているとインターチェンジから合流してきたのだ。ポジションとしては、ほぼ真横。一度は、編集スタッフが乗っているクルマが先行していたが、すぐにパトカーが目の前の位置に。
もちろん、このときは赤色灯も回さず覆面状態。
しかし、瞬時に覆面パトカーと判断できたのがルーフアンテナの形状に違和感があったからだ。

見てのとおり、紺のボディカラーの覆面パトカーのルーフアンテナは、ノーマルに比べて明らかに長い。しかも可倒式なので土台部分が大きい。
装着位置もリヤウインドウの上端近くと、ノーマルのリヤウインドウからややフール中央にセットされているのとは異なる。

DSCF0519

フロントまわりはとくに特徴がないので覆面パトカーと判別しにくい。
だが、写真ではウインドウが光って写っていないが、バックミラー越しに上下2段になっている覆面パトカーのルームミラーがハッキリと確認できた。このときは、警察官がヘルメットを被っていたので、乗員の頭が大きく見えるところも判別点。

DSC_1201

ルーフアンテナとか上下2段のルームミラーといった判別点を知っているだけでも「覆面パトカー!」と瞬時に判断できる。
万一スピード出しすぎていても、少しでも早く判別できれば減速するなど対応はできるというものだ。