自動車税は「分割納付」できる!【高額納税車ユーザー必見】 (1/2ページ)


大排気量車&平成15年3月以前に登録したクルマ
高額納税車となるオーナーのみなさんが滞納しないために

5月の連休明けに届く自動車税の納付書。大排気量車や低年式車のユーザーは、とくに納税額が高く憂鬱な気分になることだろう。
高い税金を一度に払うのは厳しくても、分割すれば家計にも優しくなるのでは?
しかも、クレジット会社とかを利用するのではなく、各都道府県の税事務所で分割払いが可能なのをご存じだろうか?

人気の高い平成15年8月登場のトヨタ2代目セルシオ後期。すでに13年を経過
人気の高い平成15年8月登場のトヨタ2代目セルシオ後期。すでに13年を経過

平成28年度より、4月1日の時点でガソリン車は13年経過、ディーゼル車は10年経過すると自動車税が高く(重課)なる。その割り増し率は、約15%と平成27年度までの10%割り増しよりさらにアップしている。だからといって、エアロパーツを装着して作り上げてきた愛車を手放すわけにはいかないから辛いところ。

とりあえず自動車税(軽自動車税)の詳細は、以下の通りとなる。
表をクリックすると大きく表示されます

平成28年度の自動車税(軽自動車税)が重課されるのは、13年を経過した平成15年3月31日以前に登録車や平成14年12月以前に新規登録された軽自動車だ。
重化される理由は、環境への負荷が高いということなのだろうが、なんとも納得ができないこと。
さらに平成28年度から車検毎に徴収される「重量税」も以下のように重課される。
ブック1 Sheet1