富士重工業が「SUBARU」に社名変更


会社名は「富士重工業」ブランド名が「SUBARU」

富士重工業が、5月12日に開催した臨時取締役会で2017年4月1日より「株式会社SUBARU」に変更することを決定した。3D_BI_TypeH_C300

富士重工業は、1917年に飛行機研究所(後の中島飛行機)として創立。
1953年に現在の富士重工業株式会社を設立した。0001s1958年発売のスバル360から自動車事業はスバルブランドとして発展を遂げている。
現在のスバル自動車事業は世界90カ国以上で展開。2017年3月期は年間100万台を超えるほど成長した。

このように世界中から支持されているスバル背景と創業100周年を機に社名とブランド名を統一することになったようだ。

確かに、レガシィやBRZなど富士重工業の各車を「スバル車」と呼ぶことはあっても「富士重工業車」とは言わない。「株式会社SUBARU」と改名することでコーポレッドマークとの統一感も出るだろう。

3D_BI_TypeV_C300

SUBARU(スバル)の由来
スバルは別名「六連星(むつらぼし)」とも呼ばれる星団の名前で、純粋な日本語。
自動車の名前に和名を使ったのはスバルが最初だ。
富士重工業が中島飛行機の流れをくむ5社の資本出資によって設立されたことに因んで名付けられた。

【関連記事】