ディープリムホイールでネオクラシック感をアップ


「深リム」懐かしい?それとも新鮮?
af.impスーパーカーニバルで発見!

5月15日・大阪舞洲で開催されている輸入スタイルアップカーの祭典「af.impカーニバル」には、ネオクラシックである20世紀のクルマも参加している。
ホイールを見ると、ほとんどがディスク面が奥に入ったいわるゆる「深リム=ディープリム」。これはホイールのインセット量が少ないためではあるが、懐かしくもあり新鮮にも見える。

WtphL

 

ネオクラシックにディープリムが多いのは、FF(前輪駆動)のゴルフ2でも+30mmと、現代のクルマに比べるとかなり少ない(浅い)。これがディープリムのホイールを装着できるポイントだ。

今のクルマでホイールにディープ感を出そうとすると、リバースリムのホイールまたはコンケーブデザインが必要だ。


ところが、上手にサイズ選びをしてディスク面を深いディープリムを装着できると、現行モデルでもネオクラシック感が出せる。


このようにイメージが変えることができるのがホイール選びの楽しさともいえるだろう。

【関連記事】