輸入車SUVドレスアップの新潮流は「車高を上げる」


「af.impスーパーカーニバル2016」で
異彩を放つ「アクティブライフゾーン」とは

2016年5月15日(日)、大阪市の舞洲スポーツアイランドでカスタマイズ輸入車の祭典「af.impスーパーカーニバル」が開催された。af.imp
245台のユーザーカー&出展社デモカーが並ぶ中、異彩を放っていたのがステージ正面中央エリアに設置された「アクティブライフゾーン」だ。

というのは、輸入車のスタイルアップではローダウンフォルムが主流だが、このアクティブライフゾーンに集められたのはリフトアップされたアウトドアテイストのクルマばかり。

4WD車やSUVはもちろん、ミニやボルボのクロスカントリーモデル、車高アップしたニュービートルなど、個性的なカスタマイズは来場者の目を楽しませてくれた。

このアクティブライフゾーンはアウトドア&レジャーもコンセプトということで、キャリアなどのアクセサリーブランドや旅行に関わるフェリー会社も出展。今注目のファットバイクが試乗できるなど、新たな試みはワクワクさせるものばかりだ。

af imp.Cafeでは本格的なバリスタコーヒーが提供され、オープンな雰囲気で輸入車カスタマイズを満喫できたことだろう。

(レポート&撮影:川島秀俊)

【関連記事】


おすすめ記事
Recommended by