トヨタ30系プリウスのステアリングスイッチを交換 (1/4ページ)


補修とカラーコーディネイトが同時にできる!

トヨタ30系プリウスのオーナーを悩ませるステアリングスイッチのベトベト問題。これはパーツの劣化が原因だが、「オーサムジャパン」はそんな問題を解決する交換式ステアリングスイッチを開発した。
しかも、カラーコーディネイトできちゃうというスグレモノだ

AWESOME30PRI_001先代モデルとなる30系プリウスの純正ステアリングスイッチは、車両の保管状態によっては経年劣化や進むと表面がベトベトに変質することがある。
そうなるとスイッチを触るたびに指にくっつく感じとなり、かなり不快。

そこで、プリウスのパーツ開発を得意とする「オーサムジャパン」から、30系プリウス&アクア用のステアリングスイッチが発売された。
注目のポイントは、スタンダードなブラックやグレーだけでなく、レッドやブルーなどの鮮やかなカラーが用意されていること。つまりこのパーツは補修に加えて、スイッチ部分をカラー化してドレスアップできるというスグレモノなのだ。
しかも、1台分3240円(1個1620円)とリーズナブルな価格。これで交換しない理由は見つからない!
もちろん、お店で作業してもらうのがベストだが、今回は交換過程も写真に収めてみた。 AWESOME30PRI_002

カラーラインアップは全部で10色。矢印の部分は純正と同様に夜間には照明の光を透過するため、操作性もバツグン!
ちなみに今回はレッドでコーディネイトしている。真ん中の写真はオーサムのステアリングカバー(¥2,052)とシリコンキーケース(¥972)でコーディネイトした例。白い車両は今回のベース車両となった30プリウス。オーサムのエアロを装着