「クールジャパン」がハリアー用エアロを発売!


SUVがアグレッシブなスタイルに変身!

「クールジャパン」が60系ハリアー用のエアロキットをリリース。同社にとってSUVは初めての試み。ハーフタイプながら、例を見ないアグレッシブなデザインが特徴だ。特にリヤのデザインは必見!

KUHL-HARRIER_0012016年の東京オートサロンや大阪オートメッセにおいて金ピカの日産R35型GT-Rで注目を浴びた「クールジャパン」が、初めてSUV用エアロキットを着手。トヨタ60系ハリアーのエアロキットをリリースした。

フローティングディフューザーが立体的なフォルムを実現

同社のアルファード用リップメイクにも通じるデザインが特徴で、両脇にはダクトを備え、スピード感あるフォルムに仕上がっている。
さらにリヤスポイラーはバンパーの下に釣り下げるようにしてマウントするフローティングディフューザーを装着。スマートかつレーシーに仕上がっている。KUHL-HARRIER_005

レギュラーとハイグレードの2タイプの素材を設定

なお、RG(レギュラー)グレードとHG(ハイグレード)素材の2種類を用意。
RG(レギュラー)グレードは、従来のFRPエアロキットの1.5倍の強度・厚みを誇る。
HG(ハイグレード)は、RGをベースにさらにオリジナルのクロスマットを張り合わせることで2倍の強度を確保している。

空力性能とボリューム感をアップするデザイン

フロントはスポイラーの真ん中にも空力効果の高いセンターダクトを配置。立体感あるデザインを採用し、ハリアーのボトムに適度にボリュームを与える。エアダクトに備わるネットは粉体塗装を施したビッグウェーブネットを装着している。フロントグリルはKUHLのロゴマークをマウントし、奥行き10cmを確保して立体的だ。サイドボトムは2段デザインを採用する。

KUHL-HARRIER_006

リヤのフローティングディフューザーは純正リヤバンパーの下につり下げてセット。マフラーレスながらも主張感のあるデザインをアピール。

KUHL-HARRIER_007ホイールはレーベン   LW10を装着。サイズは22×9・インセット38。タイヤサイズは255/30-22

RG未塗装

HG未塗装

RG塗装済

HG塗装済

Fリップスポイラー

¥63,720

¥96,120

¥85,320

¥117,720

Sステップ

¥63,720

¥106,920

¥96,120

¥139,320

Rフローティングディフューザー

¥52,920

¥85,320

¥74,520

¥106,920

Fグリル

¥48,600

¥74,520

¥59,400

¥85,320

上記4点セット

¥324,000

¥355,320

¥312,120

¥441,720

KUHL-HARRIER_008同社ではコンプリートカー販売も実施。ちなみに撮影車両のグレードはエレガンス(2WD)。車両本体価格は288万円。オプション品は145万円超。そこから約64万円を値引いたのがコンプリートカーの価格。ズバリ369万円だ。

クールジャパン TEL052-693-9805 http://www.kuhl-racing.com/

(レポート:ワゴニスト編集部・遠藤)

【関連記事】