冷えないエアコンの正しい修理方法とは


ガス充填が症状を悪化するケースもある
専門家の修理が必要なエアコントラブル

梅雨の季節は、雨ならムシムシ、晴れれば真夏日で、不快指数もレッドゾーン。
この時期の「エアコンなしのカーライフ」は考えられないのだが、エアコンのトラブルの発覚が一番増えるのもこのタイミングだ。

少しでもエアコンを入れても冷えにくい、ウインドウの曇りが取れづらいと思ったら、早めに電装屋さんに点検してもらうことをオススメする。

_DSC5491

エアコンの効きが悪い場合、冷媒ガス(エアコンガス)が抜けているケースが多く、ガソリンスタンドなどで「無料点検」を勧められることも珍しくない。
このとき、どこをチェックしているかというと、エンジンルームのリキッドタンクのサイトグラス。IMG_4095-2

 

エンジンをかけ、エアコンを風量&冷房MAXでON。
そしてココを覗いて、小さな泡がちょろっちょろっと流れている状態なら正常(画面左)。気泡が勢いよく流れていれば、冷媒ガス不足(画面右)。逆に気泡がまったく見えなければ過充填ということ。


こんな簡易な点検でも、冷媒ガスが抜けて不足しているかはわかる(あくまで目安)。
しかし、どこからどう洩れているかまではわからない。

それにもかかわらず、「ガスが抜けているんで、補充しておきましょう」といわれることがけっこうある。

ところが、エアコンのトラブルの原因には、冷媒ガスのリーク以外に、冷媒ガスの過充填も少なくない。
したがって、安易な補充は、さらに症状を悪化させる可能性も大なのだ。
そもそも、正常ならガスが抜けること自体ありえないので、ガス漏れ箇所を放置したまま、補充するのは応急処置としてもおすすめできない。

その他、コンプレッサーのトラブル、内部圧力の異常(ガスの詰まり)、センサーのエラー、ファンの故障など、エアコンが効かない原因はいくつも考えられる。
やはり、簡易チェックではなく、プロの点検を受けるのがオススメだ。f9b4f6f3d8

クルマのエアコンは、家庭用のエアコンの4分の1くらいのサイズで、5倍ぐらいの能力がある特殊なシステム。そのうえ事故などで破損したときの修理を想定しているので、分解可能=つなぎ目多数ときている。

つまり、ガス漏れ箇所を特定するだけでも難儀なこととなる。
そんなガス漏れ箇所を特定するには、専用のリークテスターや圧力計(エアコン用ゲージマニホルード)など特別な機材も欠かせない。

計測だけでは判断できないエアコントラブル

じつは、故障箇所を特定する診断技術とノウハウがものを言うのがエアコンの世界。
ディーラーや一般の整備工場ではなく、エアコンの点検・修理に特化した、電装屋さんに出すのが一番!
そもそも、ディーラーや修理工場にエアコンの修理点検を依頼しても、結局は電装屋さんに持ち込まれるのがほとんど。それなら直に電装屋さんに持ち込んだほうが、コスト的にも有利になるはずだ。

「電装屋さん」は、一般ユーザーにはなじみが薄いかもしれないが、ネットなどで調べれば大きな街なら比較的カンタンに見つかるはず。

そのほとんどは、業者(ディーラーや修理工場)専門ということはなく、一般ユーザーからの依頼も問題なし(中間マージンを取られない分、電装屋もユーザーもニコニコというケースも……)。

IMG_4357-2

エアコンの点検は、エアコンの経路を真空状態にしてから冷媒ガスを再チャージ。専用機材を使ってガス漏れ箇所を見つける作業が必要になるので、時間と費用がかかってくる。
通常、作業時間は2~3日、点検料が1万2000円前後ということ。

効きが悪いのを放置しておいても、症状は悪化する一方。
なにより、近年の猛暑をエアコンなしで乗り切るのは、苦行以外の何物でもない。
「エアコンの効きが悪いな~」と思ったら、本格的な夏日を迎える前に、点検・修理に出しておくべきだろう。

写真で矢印の部分が冷媒ガスが漏れていた場所。

ちなみに冷媒ガスが漏れやすいのは、ホースのつなぎ目やOリング。コンプレッサーや、エバポレーターなどの可能性もあり、しかも洩れているところが、一カ所ではなく、複数というケースもあり得るので、徹底的な点検が欠かせない。

場合によっては、修理に10万円以上かかることも珍しくないが、一度完璧に修理すれば、10年ぐらいは大丈夫。お気に入りのクルマなら10年に一度のオーバーホールと割り切って、きちんと修理しておこう。

(レポート:藤田竜太 撮影:増田貴広)

【関連記事】