「HKS」がアルファード/ヴェルファイア用サスキットをリリース (1/3ページ)


あえて純正形状を採用した「ハイパーマックスG」
チューニング経験者ほど理解できる上質な乗り味

チューニングパーツメーカー「HKS」からトヨタ30系アルファード/ヴェルファイア用のスポーツサスペンション『ハイパーマックスG(HIPERMAX G)』が登場。
ノーマル形状ではあるが、試乗してみるとサスペンション・チューニングの酸いも甘いも経験したユーザーも納得させる「大人のサスペンションキット」という仕上がりだった。HKS

車高調より純正形状の荒巻バネのほうがストローク量が多い

サスペンションキットといえば車高調整式。ノーマル形状は格下に見られがちだ。わざわざサスペンション(キット)を買うのに何で車高調を選ばないんだろう? そう思う人は少なくないだろう。

ところが、車高調整式にもデメリットはある。
それは、たっぷりしたストロークが得られないことだ。
スポーツサスなら短いストロークの中で、ストローク感やしっとりした乗り味を出すことも可能。
だが、大きな段差やうねりを越えるとき、ストローク量以上のホイールトラベルは得られないので、どうしてもボディを押し上げてしまう結果となる。サーキットや峠での速さ求めるならば、そこに目をつぶってもいいだろう。

しかし、ストリートでの快適性をメインに置くと、じつはノーマル形状は荒巻バネを使用するため(車高調整式サスは直巻バネ)、ストローク量を確保できるのである。T7GI3187
その理由は、荒巻バネは、縮んだときに直巻きバネよりバネとバネの感覚が広く、線形密着しにくいというメリットがあるのだ。それゆえ、ノーマル形状だからこそ得られるたっぷりとしたストロークによる乗り心地の良さがある。

「HKS」は、そんなこだわりを込めて『ハイパーマックスG』を開発。パフォーマンスよりも上質な乗り味を重視したサスペンションキットとして作り上げたのである。その第1弾として開発されたのが現行モデルの30系アルファード/ヴェルファイア用だ。T7GI3255

『ハイパーマックスG』は、ノーマル形状の単筒式で、フロントは倒立式、リヤは正立式。減衰力固定式となっている。
バネレートはフロント3kg/mm、リヤ6kg/mm。3.5リットル車用と2.5リットル車用が用意され、車高は3.5リットル車が前40mm、後30mmダウン。2.5リットル車が前後とも30mmダウンとなっている。