猛暑対策!車内温度上昇を抑える「遮熱&断熱」ウインドウフィルム (1/3ページ)


フルスモークのような濃色からクリアタイプまで
社外ウインドウフィルムは99%UV(紫外線)カット

今年の夏は酷暑と予想されている。
ウインドからくるジリジリした暑さは、エアコンの冷風ではカバーできないものだったり。
さらにドライブした後、右腕と左腕で日焼けの違いが出るなど、間違いなくクルマの中には紫外線も侵入している。
そんな日焼けや車内温度の上昇を防ぐだけでなく、万一の事故でガラスの飛散も抑制できるのがアフターの「ウインドウフィルム」なのだ。_DSC5491

チリチリ感を受ける原因は、太陽光に含まれている紫外線(UV)によるもの。日焼けの原因だ。
紫外線は、肌荒れやシミの原因となるといわれ、さらにダッシュボードやシートといったインテリアパーツも劣化させる。_DSC5502

フィルムを施工できるショップなどで扱っているようなプロ用のウインドウフィルムは、色の濃淡を問わず基本的に『99%UVカット』だ。

プラスチックパーツは、紫外線によって劣化が進行する
プラスチックパーツは、紫外線によって劣化が進行する

純正ウインドウで「UVカット」ガラスはあるが、じつはUVカット率は社外フィルム以下(70%くらいともいわれている)。その証拠に、ここ数年でコンパクトカーなどに採用されている『スーパーUVカットガラス”UV99%カット”』とわざわざ謳っている。

UV99%カットという純正ガラスが登場してきた
UV99%カットという純正ガラスが登場してきた

つまり、それ以前のUVカットガラスは99%カットではなかったわけだ。
ちなみに、フロントウインドウの合わせガラスは、2枚のガラスと飛散防止フィルムによって構成されているため70〜80%くらいのUVカット機能を持っている。