「Hot Wheel」のパフォーマンスコースを1/1サイズの実車で挑戦 (1/2ページ)


大人も楽しめるループ&ジャンプのコースセット
1968年から発売される歴史あるミニカー

アメリカでは『ホットウィール(Hot Wheels)』という64分の1サイズのダイキャストミニカーを専用のコースを使って走らせるのが人気だ。
コースのキットは、ループしたりジャンプするなどアグレッシブなレイアウトも可能。
それをエンジン付きの実車で再現してしまうのが、じつにアメリカ的な発想。1分の1サイズのホットウィールが、ループコースを爆走する!スクリーンショット 2016-07-01 20.05.10

『ホットウィール(Hot Wheels)』は、アメリカの玩具メーカー「マテル」のダイキャストミニカー。1968年の発売以来、世界各国で40億台を製造されている。
たぶん、デパートなどのオモチャ売り場で見たことはあるはずだ。

QianYing Ooi

64分の1サイズがメインモデルとして、87分の1から18分の1サイズまでの市販車、バイク、飛行機、レーシングカーなどをラインアップ。
コレクターズアイテムとしても人気を博しているのだ。

Zhiming Law

さらに、スピードやパフォーマンスを楽しむコースセットもあり、コースをつなぎ合わせて屋外まで使ったレイアウトもある。