「TRD」がトヨタ新型86用エアロキットをいち早くリリース開始


ローダウンしても保安基準適合となるウインカー
大胆にデザイン変更したバンパー対応の新作エアロ

トヨタ86がマイナーチェンジ!フロント・リヤのバンパーを大胆に意匠変更されている。
TRDは、早速と新デザインのバンパーに対応したリップスポイラーなどのエアロパーツをリリースした。full_styling1
今回のマイナーチェンジにおける朗報は、フロントウインカーがスバルBRZのようにヘッドライトにビルトインしたことだろう。さらに、前期型ではウインカーが装着されていたバンパーの左右ダクトの上部にフォグライトが装着された。
これによって、ローダウンサスペンションを装着しても、ウインカーやフォグライトの位置が保安基準適合の高さをキープできるようになったわけだ。
もちろん、サスペンションなど走行性能もグレードアップし、スタビリティアップなど大人のスポーティカーとしての資質を高めている。

TRDがマイナーチェンジした86用にリリースしたのは、フロントスポイラーとリヤバンパースポイラー。
どちらも樹脂製ハーフタイプだが、フロントは前方向に35mm長く、バンパー下面に回り込むような形状をしていることで前後の空力バランスを最適化。
full_styling_f

ラジエータグリルサイドには、LEDランプを装着することもできる。

リヤバンパースポイラーは上下2ピース構造。ロアピースは、ディフューザー形状にすることで直進安定性をアップする。full_styling_r

このほかバンパーサイドに装着する「エアロタービュレーター(ブラックのフィン)」は、ボディサイドの空気の流れを整え、直進安定性をアップする。

このほか、新デザインのホイールや車高調整式サス、モーションコントロールビームなど機能パーツも追加されている。

TRD 86エアロキットサイト http://www.trdparts.jp/86/aero.html

【関連記事】