「オイルの交換サイクル」が1万km以上に延びた理由 (1/2ページ)


メーカー推奨のオイル交換サイクルは
ターボ車でも1万5000km毎になっている

ひと昔前は、エンジンオイルの交換サイクルは「5000km毎もしくは半年毎」というのが定番だった。
ところが、オイルの世界は日進月歩で、いろいろ事情が変わってきている。

その証拠に、オイルへの負担が大きい、高出力のターボ車である日産GT-R(R35)ですら、交換サイクルは15000km毎、もしくは1年毎(走行時、エンジン油温が110℃を超えなかったとき)がメーカーの基準。
じつは、エンジンオイルの交換サイクルが延びたポイントは、「SM」や「SN」グレードのオイルの登場にある。T7GI8765

クルマのメンテナンスフリー化が進む当今でも、オイル交換はメンテナンスの主役のひとつ。
エンジンオイルは、エンジンのストレスを吸収できる唯一の消耗品なので、エンジンを長持ちさせるためには、定期的なオイル交換が欠かせない。

そんなオイル交換だが、どのぐらいのサイクルで、どんなオイルを選んでいけばよいのだろうか?T7GI8719

京都議定書の制定で環境性能が求められた

まず、どうしてここへきて、オイルの交換サイクルが3倍に延ばせるほど、進化が加速したのか?

ターニングポイントは、2001年。前年の京都議定書の制定を受け、自動車業界全体として、環境問題に本気で取り組む流れができた。

マイナス20℃に冷やしたオイル。粘度によって、鉄球の落下スピードが異なる
マイナス20℃に冷やしたオイル。粘度によって、鉄球の落下スピードが異なる

オイルに関しては、低フリクションで省燃費性能の向上。さらに、触媒に優しく、硫黄やリンなどの含有量を減らす。
また、オイルの蒸発性を抑え、酸化安定性を高め、オイルの交換サイクルそのものを長期化することが求められるようになった。
その結果、API(アメリカ石油協会)のガソリンエンジン用のオイル規格にも、新たな最上級グレードとして「SL」規格が設けられた。2003年 RP_4L

「SL」は、2001年以降のガソリン車に適用され、それまでの最上規格「SJ」の最低性能基準を上回る性能を有しているのはもちろん、高温時におけるオイルの耐久性能・清浄性能・酸化安定性を向上する。
同時に、厳しいオイル揮発試験に合格することを義務付けられた環境対策規格となっている。