「BBS」が『RI-A』にゴールドとダイヤモンドブラックの2色を追加


S-GTで鍛えられた鍛造1ピースホイール
軽量化と高剛性を両立するデザインを採用

国内最高峰のレース・スーパーGTでサプライヤーとして活躍する「BBS」。ここで戦うマシンに実際に投入されているモデルを市販化させたのがアルミ鍛造1ピースの『RI-A』だ。
160724_06この『RI-A』に追加された新色はダイヤモンドブラックとゴールド。図らずもVIPオーナーのツボを突くような気品のある表情になっている。BBS_Main

RI-Aはレースで戦うことを前提にデザインされているため、見た目の印象は実にスパルタン。極限まで肉抜きされた極細スポークは軽量化に寄与。大きく開いたスポーク間の隙間は、ビッグキャリパーのアピールに最適だ。
また、インセットの数値によってはディスクの立体形状が際立ち、コンケーブ感も楽しめる。そんな『RI-A』に上質さをプラスして見せてくれるのが今回の新色で、ビッグセダンにふさわしい貫禄と気品を手に入れたと言える。

中央を落とし込んだ迫力満点のコンケーブフェイス。スポークサイドの抉りは軽量化という本来の目的を果たしながら、陰影を付けディスクの表情に複雑さももたらしている
中央を落とし込んだ迫力満点のコンケーブフェイス。スポークサイドの抉りは軽量化という本来の目的を果たしながら、陰影を付けディスクの表情に複雑さももたらしている

ダイヤモンドブラックは黒一辺倒ではなく、シルバーがかったようにも見える実に奥深いカラーリング。以前にLMLM-Rの限定色としてリリースした際は注文が殺到。BBSで随一の人気を誇る1色だ。

そして昨今にわかに増え始めているゴールド。ハデになりがちな金色だが、そこはBBS。どこか懐かしいような雰囲気も感じさせる、落ち着きのある色合いに仕上げた。

メーカーロゴが立体的に見えるBBS伝統のセンターキャップ。基本は黒地にゴールド文字だが、こちらもオプションで赤ベースの設定がある
メーカーロゴが立体的に見えるBBS伝統のセンターキャップ。基本は黒地にゴールド文字だが、こちらもオプションで赤ベースの設定がある

初期設定のダイヤモンドシルバーとマットグレイを合わせて、4色展開となったRI-A。実はさらにラインナップを増やしていく計画もあり、選ぶ楽しさも味わえそうだ。

スポーツモデルらしくバルブは、折れのリスクを防げるゴムタイプを採用。オプションとして高級感を底上げする金属バルブも用意している。落ちついた印象で乗りたいユーザーには、そちらの選択肢もアリだろう
スポーツモデルらしくバルブは、折れのリスクを防げるゴムタイプを採用。オプションとして高級感を底上げする金属バルブも用意している。落ちついた印象で乗りたいユーザーには、そちらの選択肢もアリだろう

BBS

オプション:金属エアバルブ(11000円)、レッドセンターキャップ(1個4000円)

(レポート:VIPスタイル編集部)

【関連記事】